矢部(やべ)新四国八十八箇所

矢部やべ新四国八十八箇所のリストです。

2021-06-02現在当霊場の札所で所在が判明しているものは24番のみである。

栗原にある第58番札所(本尊十一面観音)に掲げられている、嘉永(1845-1855)銘の「両矢部三十三番霊場案内」が昭和40年(1965)に発見された。 この「三十三番霊場」が当「矢部新四国八十八箇所」の前身であるようだ。明治になってからの話。(矢部の地名より)

地図はこちら

参拝率:0/13(0.0%)
札番 寺号 所在地 宗派 概要 お勧め 標高 キーワード
024 烏山椎葉十一面観音菩薩堂 烏山椎葉十一面観音菩薩堂の写真 八女市矢部村矢部184 仏教礼拝所 本尊:十一面観世音菩薩 439.3 [矢部新四国八十八箇所第24番札所]
058 観音堂 栗原(字名と思われる)。 仏教礼拝所 本尊:十一面観音。当札所は「矢部の地名」に記事がある。 不詳 [矢部新四国八十八箇所第58番札所]
032 観音堂 桑ノ平(字名と思われる)。 仏教礼拝所 本尊:十一面観音(享保己14年(1729))。当札所は「矢部の地名」に記事がある。 不詳 [矢部新四国八十八箇所第32番札所]
008 観音堂 飛(字名と思われる)。 仏教礼拝所 本尊:千手観世音菩薩(天明5歳己(1785))。当札所は「矢部の地名」に記事がある。 不詳 [矢部新四国八十八箇所第8番札所]
004 大日堂 神岩屋(神窟)(字名と思われる)。 仏教礼拝所 本尊:大日如来(寛政8年(1796))。当札所は「矢部の地名」に記事がある。 不詳 [矢部新四国八十八箇所第4番札所]
006 薬師堂 土井間(字名と思われる)。 仏教礼拝所 本尊:薬師如来(寛政8年(1796))。当札所は「矢部の地名」に記事がある。 不詳 [矢部新四国八十八箇所第6番札所]
048 観音堂 上御側(字名と思われる)。 仏教礼拝所 本尊:十一面観音菩薩(天明5年己(1785)銘)。当札所は「矢部の地名」に記事がある。 不詳 [矢部新四国八十八箇所第48番札所]
001 釈迦堂 石川内(字名と思われる)。 仏教礼拝所 本尊:釈迦如来?(「矢部新四国八十八ヶ所、第一番、霊山の釈迦のみまえにめぐりきて よろずの罪も消え失せにけり、明治三十六年旧十月四日、八女郡矢部村大字矢部真弓尾早稲田充」)。当札所は「矢部の地名」に記事がある。 不詳 [矢部新四国八十八箇所第1番札所]
009 仏堂 稲付(字名と思われる)。 仏教礼拝所 本尊:不詳。当札所は「矢部の地名」に記事がある。 不詳 [矢部新四国八十八箇所第9番札所]
062 仏堂 古野(字名と思われる)。 仏教礼拝所 本尊:不詳。当札所は「矢部の地名」に記事がある。 不詳 [矢部新四国八十八箇所第62番札所]
054 不動堂 中村(字名と思われる)。 仏教礼拝所 本尊:不動明王(「本尊の他岩壁に十五体ほどの不動明王がある。風雨にさらされ、苔むしているが、この不動明王の開眼入仏式は、「昭和八年、日田郡日田町明王寺副住職田中隆、他二名、発起世話人松崎健蔵、松崎盛蔵、中塚軍蔵、石工は日田郡の箸本幟」と記されている。」)。当札所は「矢部の地名」に記事がある。 不詳 [矢部新四国八十八箇所第54番札所]
088 仏堂 「中村の鹿子島宅の門口にその額がある」 仏教礼拝所 本尊:不詳。当札所は「矢部の地名」に記事がある。 不詳 [矢部新四国八十八箇所第88番札所]
053 仏堂 惣見の山中 仏教礼拝所 本尊:不詳。当札所は「矢部の地名」に記事がある。 不詳 [矢部新四国八十八箇所第53番札所]
札番 名前 所在地 宗派 概要 お勧め 標高 キーワード