Notice: Undefined index: picture in /home/users/2/lolipop.jp-hakataboy/web/temple/ito/ito/r.php on line 98

Notice: Undefined index: picture_virtical in /home/users/2/lolipop.jp-hakataboy/web/temple/ito/ito/r.php on line 99

Notice: Undefined index: picture in /home/users/2/lolipop.jp-hakataboy/web/temple/ito/ito/r.php on line 98

Notice: Undefined index: picture_virtical in /home/users/2/lolipop.jp-hakataboy/web/temple/ito/ito/r.php on line 99
JR瀬高~西鉄柳川(瀬高・三橋)(2015-03-28)|伊藤氏のお寺めぐり記-お寺めぐりの友

JR瀬高~西鉄柳川(瀬高・三橋)(2015-03-28)・・・福岡県みやま市・柳川市 

概要

久しぶりにお寺めぐりに行ってきました。珍しく、女房同伴の新幹線遠征です。 今回のコースはすべて平坦地で、天候もよく風もなく、また桜の開花や菜の花もあちらこちらで見られ、いいお寺めぐりとなりました。

それぞれのお寺のページに当日伊藤氏が訪問したときの伊藤氏メモを掲載しています。 こちらもお見逃しなく。(作者)

地図はこちら

順路 参拝(登録済):21ケ寺、概算移動距離>14km

JR博多(新幹線7時32分発) → JR筑後船小屋(7時57分着/8時9分発) → JR瀬高(8時11分着) → 二尊寺(みやま市瀬高町下庄) tooltip → 本長寺(瀬高町下庄) tooltip → 尊寿寺(瀬高町下庄) tooltip → 伊能忠敬測量基点之地(瀬高町下庄) → 宝聚寺(瀬高町下庄) tooltip → 光源寺(瀬高町下庄) tooltip → 下庄八幡宮(瀬高町下庄) → 引接寺(瀬高町下庄) tooltip → 本浄寺(瀬高町下庄) tooltip → 八坂神社(瀬高町上庄) → 円鏡寺(瀬高町上庄) tooltip → 来迎寺(瀬高町上庄) tooltip → 正覚寺(瀬高町上庄) tooltip → 西念寺(瀬高町上庄) tooltip → 西島うなぎ屋(瀬高町上庄/12時から昼食) (*1) → 西光寺(柳川市三橋町五拾) tooltip → 誓願寺(三橋町棚町) tooltip → 運行寺(三橋町垂見) tooltip → 昭玄寺(三橋町垂見) tooltip → 心源寺(三橋町垂見) tooltip → 秋風寺(三橋町白鳥) (*2) → 興隆寺(三橋町久末) (*3) → 宗然寺(三橋町久末) tooltip → 円通寺(三橋町百町) (*4) → 成就寺跡(三橋町百町) (*5) → 専修寺(三橋町正行) tooltip → 観照寺(三橋町蒲船津/16時50分) tooltip → 西鉄柳川(特急17時35分発) → 西鉄薬院(18時20分着) → 帰途


補足

  1. 西島うなぎ屋 (みやま市瀬高町上庄出口2、0944-63-5000瀬高上庄郵便局西側)
    うなぎ定食2700円をいただきました。大きな鰻の姿焼き。福岡市内ではこの値段では無理でしょう。創業30年。
  2. 秋風寺 (浄土真宗本願寺派):永廣山秋風寺(柳川市三橋町白鳥571、0944-72-5843、三橋郵便局南側) □本HP記載なし□
    単独2階部分が本堂、1階部分が庫裏のアパート建屋形式の造り。現在は、住職不在とのこと。
  3. 興隆寺 (中山身語正宗)(柳川市三橋町久末1538、0944-73-0094、天満宮東) □本HP記載なし□
    個人住宅の形式で、庭の境内部分には薬師如来、馬頭観音、修行大師などが祀られていました。
  4. 円通寺 (浄土真宗本願寺派):観音山円通寺:(柳川市三橋町百町1576、0944-72-7950、早馬神社西) □本HP記載なし□
    解説案内板に次のような記載があります。[観音山円通寺は、江戸時代の終わりに出来た寺です。境内から室町時代の年号天文9年1540がある板碑が出土しました。]
    この板碑の詳細説明もありますし、実物も見ることができます。円通寺から北へ数百m、本道の二ツ河小学校南交差点の少し西の道南側に[旧国鉄佐賀線百町駅跡]の碑が見られます。
  5. 成就寺跡 (浄土真宗本願寺派)(柳川市三橋町百町1955、玉垂神社西) □本HP記載なし□
    現地には立派な住宅がたってあり、軒には喚鐘が下がっていたり、庭には成就寺自然石梵字板碑の実物と解説碑もありましたが、 寺号を示すようなものはなにもなく、寺院の雰囲気もありませんでした。近在の複数の方に伺ったところ、お寺としてはやめてしまっているとのお話でした。