福岡の寺院と福岡大空襲  AIR ATACK

概要

福岡市、特に博多区・中央区の寺院の伽藍は、そのほとんどが第二次世界大戦以降のものである。 その理由の大きなものは4つの史実である。

  1. 戦国期の大友宗麟はじめ戦国大名による破壊
  2. 明治初期の廃仏毀釈
  3. 福岡大空襲(1945-06-19深夜〜翌6-20)
  4. 戦後の市内の区画整理

上の福岡大空襲による市内の伽藍の破壊は、他の都市も同様であるかもしれないが、 死者902名。罹災戸数:12,693戸(市内の33%)という甚大な被害を受けた(出展:Wikipedia)。 市内の寺院も例外ではなく、明治の廃仏毀釈により破壊を逃れた伽藍も甚大な被害を受けた(合掌)。

以下、なかなか手が回らなくて起稿中です。すみません。

参考史料

福岡大空襲 - Wikipedia