仏旗 瑞雲萬歳山 大寧寺(たいねいじ) [大寧護国禅寺] 曹洞宗★★  GANJYOUJI ZEN TEMPLE 十六羅漢 名鐘 湯本温泉

  • 本堂
    本堂 
  • 大内義隆と家臣団の墓所全景
    大内義隆と家臣団の墓所全景 
住所・電話
〒759-4103 山口県長門市深川湯本1074 標高:63.9m MAP GMAP 0837-22-2111
検索
同地区同宗派寺院  4km以内
ホームページ
山口県長門市 大寧寺 (瑞雲萬歳山大寧護国禅寺)

歴史

上のホームページによれば、応永17年1410大内家の支族鷲頭(わしのうず)弘忠公が、石屋真梁(せきおくしんりょう)禅師を開山として迎え開創した。 大内義隆終焉の地(天文20年1551、陶隆房謀反による)。 本堂裏手にはその墓所がある。

案内板によると、本堂軒下に掛けられている梵鐘は応永3年1396に福岡県遠賀郡芦屋の長福寺の鐘として同所の鋳物師によって鋳造されたものという。 同遠賀郡岡垣町の龍昌寺はこの寺の末寺であった。

ひとくちメモ

みどころ盛りだくさんの寺である。境内は木々に包まれ、春夏秋冬自然が満喫できる場所である。 見逃したポイントもあるが境内の各ポイントを下に列挙する。(クリックするとその写真を見ることが出来ます。) それぞれのポイントの場所は上のホームページの境内案内図を参照の事。

大内義隆と家臣団の墓所 萩藩重臣の墓石群 十六羅漢と釈迦三尊像 盤石橋 「姿見の池」と「かぶと掛けの岩」

写真

  • 本堂
    本堂 
  • 開山堂
    開山堂 
  • 梵鐘
    梵鐘 
  • 本堂の扁額
    本堂の扁額 
  • 本堂内の扁額
    本堂内の扁額 
  • 本堂
    本堂 
  • 放生池 - 本堂前
    放生池 - 本堂前 
  • 本堂
    本堂 
  • 准胝観音堂
    准胝観音堂 
  • 准胝観音
    准胝観音 
  • 山門跡(礎石が規模の大きさを偲ばせる)
    山門跡(礎石が規模の大きさを偲ばせる) 
  • 参道 - 盤石橋を背にして撮影
    参道 - 盤石橋を背にして撮影 
  • 土産物屋前のサザンカの大木
    土産物屋前のサザンカの大木 
  • 土産物屋
    土産物屋 

大内義隆と家臣団の墓所

墓所は本堂裏手の石畳の坂道を登った所にある。 2区画の墓所があり、向って右手に大内義隆・義尊親子とその配下の武将のもの、左手は公家と思しき人々のもののようである。 義隆と共にこの地まで逃げてきた人達であろう。合掌。

  • 大内義隆墓碑
    大内義隆墓碑 
  • 公家方の墓所
    公家方の墓所 
  • 墓所前の世代墓
    墓所前の世代墓 
  • 参道の石畳
    参道の石畳 
  • 参道の石畳
    参道の石畳 

萩藩重臣の墓石群

  • 六地蔵
    六地蔵 
  • 墓石群
    墓石群 
  • 墓石群
    墓石群 
  • 墓石群
    墓石群 

十六羅漢と釈迦三尊像

  • 羅漢像
    羅漢像 
  • 羅漢像
    羅漢像 
  • 釈迦三尊像
    釈迦三尊像 

盤石橋

案内板によれば、寛文8年1668に建架され、宝暦141764に再建架されたという。 橋長14.2m。参拝した時は橋は工事の関係か通行禁止になっていた。

昔はこの橋が参道口であったようである。 この橋を渡り、山門跡をとおり本堂へは一直線の配置になっている。

  • 盤石橋
    盤石橋 
  • 盤石橋
    盤石橋 
  • 盤石橋
    盤石橋 
  • 盤石橋
    盤石橋 

「姿見の池」と「かぶと掛けの岩」

案内板によれば、大内義隆が陶晴賢の反乱によって山口を追われこの地に来て、境内に入る前に乱れた髪を整えようと岩に兜を掛け、 側の池に顔を映そうとすると、水面に自分の姿が映らず、運命を悟り本堂に入り自刃したという。

  • 姿見の池
    姿見の池 
  • かぶと掛けの岩
    かぶと掛けの岩 
  • 全景
    全景 


関連寺院(※過去に関連していた寺院も含みます。必ずしも現在関連している寺院とは限りません。)