仏旗 霊椿山 大照院(だいしょういん) 臨済宗南禅寺派★★  DAISYOUIN TEMPLE 中国観音霊場第20番札所 百八観音霊場第25番札所 長門三十三観音霊場第14番札所 除夜の鐘を撞ける 精進料理万燈会

  • 鐘楼門
    鐘楼門 
  • 毛利家墓所
    毛利家墓所 
住所・電話
〒758-0061 山口県萩市大字椿青海4132  MAP 0838-22-2124
周辺の寺院
同地区同宗派検索  4km以内の寺院検索
Links
第20番札所・大照院 幽玄夢幻万灯会の寺
萩市観光協会「ぶらり萩あるき」
大照院 - Wikipedia
霊椿山 大照院|萩市仏教会

歴史

入場券を購入するともらえるパンフレットによれば以下の通りである。

昔この椿郷には寺の裏山に大樹がありました。 延暦年間782-805この地に月輪山観音寺というお寺があった。 その後建武の頃1334-1335鎌倉建長寺の義翁和尚が、この観音寺に来て、大椿山歓喜寺と改め、臨済宗を伝えるが、 戦乱の為荒廃。

毛利元就は山陽、山陰の10ヶ国(長門・周防・石見・安芸・備後・備中・出雲・伯耆・因幡・隠岐)を制していたが、 毛利輝元が関ヶ原の戦で西軍についた為、防長2国に押しこめられ、石高も120万石から36万9千石に減らされる。 又城も広島から萩に移される。

萩城は慶長9年1604に築城4年間で完成。 以後文久3年1863山口に藩庁が移るまで13代の藩主を数える。

輝元は慶長5年160010月10日関ヶ原の乱の責任をとって隠居して、その子の秀就がわずか6才で家督を継ぎ萩藩主初代となる。

萩藩初代藩主秀就は慶安4年1651萩城において57才で亡くなる。 天樹院で火葬されたあと歓喜寺に葬られる。 2代藩主綱広は亡父の為に、承応3年1654春からこの寺の改築を始め、明暦2年1656に完工。 秀就の法号にちなんで、大照院と名づけたが、山号が大椿山大照院では大の字が重なるので、霊椿山大照院とされる。 延享4年1747火災にあって全焼し現在の建物は寛延3年17506代藩主宗広が再建したもの。 開山は言如円遵和尚。 中国三十三観音霊場第20番札所。

[国指定重要文化財]
木造赤童子立像(鎌倉末期の作)、 経蔵(宝暦13年1763建立)、 鐘楼門(寛延3年1750建立)、 庫裏、 本堂、 書院。 境内全体が国指定史跡とされている。

本堂裏手には広大な歴代藩主夫妻の墓所がある。

ひとくちメモ

参道口は、寺の東100mの所にある。山陰本線の踏切を渡って参道に入る。 参道は一直線に寺に向っている。 本堂はあいにく改築中であったが、庫裡・裏手の書院は歴史を感じさせるものとなっている。 毛利家代々の墓所の規模は眼を見張るものがある。 多数の石灯籠があり、その一番奥に歴代城主夫妻の墓碑が並んでいる。

写真

  • 工事中の本堂
    工事中の本堂 
  • 鐘楼門 - 境内から撮影
    鐘楼門 - 境内から撮影 
  • 鐘楼門の扁額
    鐘楼門の扁額 
  • 書院
    書院 
  • 工事中の本堂
    工事中の本堂 
  • 庫裡から本堂前に通じる門(灰皿が設置されている。)
    庫裡から本堂前に通じる門(灰皿が設置されている。) 
  • 参道 - 鐘楼門内から撮影
    参道 - 鐘楼門内から撮影 
  • 参道 - 参道口に向って撮影
    参道 - 参道口に向って撮影 
  • 本堂裏手の池(水草に覆われている)
    本堂裏手の池(水草に覆われている) 
  • 参道口の踏切
    参道口の踏切 
  • 入場券
    入場券 
  • 伽藍配置図(パンフレットより)
    伽藍配置図(パンフレットより) 

毛利家墓所

初代秀就(秀成)(喜佐姫) 2代綱広(つなひろ)(千姫) 4代吉広(よしひろ)(小石姫) 6代宗広(むねひろ)(勝姫) 8代治親(はるちか)(節姫) 10代斉熙(なりひろ)(三津姫) 12代斉広(なりとう)(和姫)の藩主夫妻の墓碑、他殉死者の墓碑がある。

奇数代の藩主夫妻の墓碑は東光寺にある。

  • 毛利家墓所への入口
    毛利家墓所への入口 
  • 毛利家墓所の門
    毛利家墓所の門 
  • 毛利家墓所
    毛利家墓所 
  • 毛利家墓所
    毛利家墓所 
  • 毛利家墓所
    毛利家墓所 
  • 毛利家墓所
    毛利家墓所 
  • 毛利家墓所
    毛利家墓所 
  • 毛利家墓所
    毛利家墓所 
  • 毛利家墓所
    毛利家墓所 


関連寺院(※過去に関連していた寺院も含みます。必ずしも現在関連している寺院とは限りません。)