torii 両子神社(ふたごじんじゃ) 神道 ★☆☆ 肥前鳥居 砥川石工

住所・電話
〒846-0014 佐賀県多久市東多久町2746   標高:42.1m 地図 GMAP
検索
同地区同宗派(3)  ( 4km以内 )  関連寺社(1) MAP  周辺のスポット(5)  Links(1)

歴史

創建年代は不詳[1]。祭神:熊野大権現・山王大権現。(Links① より)

一の鳥居は明暦2年(1656)銘。当社東南の湯峯山熊野権現から約60年前に移設され、再度の事故で落下・破損したが原材を用いて復元された。

ニの鳥居は承応元年(1652)銘。右柱に「敷嶋海西路肥前州小城郡諸松村鎮守」銘。 境内に残る木花開那姫命碑は肥前鳥居の笠木・島木の廃材で造られ、石材がニの鳥居と同じことから、ニの鳥居は建立後、修復されたようだ。 石工は砥川・平河甚右衛門ほかである。(以上 境内の案内板(昭和58年4月 多久市教育委員会)より)

共に肥前鳥居である。

ニの鳥居の向って右手の柱に「本願主 常應寺 見住 元需禪師」という文字が刻まれている。 ここで「常應寺」とはここから500m足らず南東に伽藍を構えている歓喜山 常応寺のことだろう。当社と同寺との関連性がうかがえる。

ひとくちメモ

社殿の裏手には多数の石祠が祀られている。 社殿に向って左手のトイレの裏手には肥前鳥居の部材が置かれている。 境内にはシイ・クスの大木が多数みられる。

石段は98段。一の鳥居の右手から車道が通っており、社殿のある平坦面に横付けできます。

写真

  • 拝殿
    拝殿 
  • 神殿
    神殿 
  • 拝殿の額(「両子神社」の両脇に「山王大権現」「熊野大権現」)
    拝殿の額(「両子神社」の両脇に「山王大権現」「熊野大権現」) 
  • 境内風景 - 拝殿を背にして撮影
    境内風景 - 拝殿を背にして撮影 
  • 石祠群 - 社殿裏手
    石祠群 - 社殿裏手 
  • 石祠群 - 社殿裏手
    石祠群 - 社殿裏手 
  • 大楠
    大楠 
  • 肥前鳥居の部材 - 社殿に向って左手のトイレの裏手
    肥前鳥居の部材 - 社殿に向って左手のトイレの裏手 
  • 参道口(一の鳥居が見える)
    参道口(一の鳥居が見える) 
  • 一の鳥居 - 境内から撮影
    一の鳥居 - 境内から撮影 
  • ニの鳥居
    ニの鳥居 
  • 額束(「山王大権現」)
    額束(「山王大権現」) 
  • ニの鳥居の柱(向って左手。文字がビッシリ刻まれている)
    ニの鳥居の柱(向って左手。文字がビッシリ刻まれている) 
  • ニの鳥居の柱(向って右手。「本願主 常應寺 見住 元需禪師」の文字が確認できる)
    ニの鳥居の柱(向って右手。「本願主 常應寺 見住 元需禪師」の文字が確認できる) 
  • 石段(98段。前方に三の鳥居が見える) - 社殿のある平坦眼より撮影
    石段(98段。前方に三の鳥居が見える) - 社殿のある平坦眼より撮影 
  • 三の鳥居(明神鳥居)
    三の鳥居(明神鳥居) 

関連寺社(※過去に関連していた寺社も含みます。必ずしも現在関連している寺社とは限りません。)

周辺のスポット(4km以内)

周辺の寺院・仏教施設は当ページの上部の検索の項の「4km以内」のボタンをご利用下さい。

脚注