torii 武雄神社(たけおじんじゃ) 神道 ☆☆☆ 肥前鳥居

住所・電話
〒843-0022 佐賀県武雄市武雄町大字武雄5327   標高:25.5m 地図 GMAP 0954-22-2976  ホームページ
検索
同地区同宗派(2)  ( 4km以内 ) MAP  周辺のスポット(9)

歴史

祭神:武内宿禰(たけうちのすくね)武雄心命(たけおこころのみこと)仲哀天皇(ちゅうあいてんのう)神功皇后(じんぐうこうごう)応神天皇(おうじんてんのう)

神功皇后が三韓征伐の帰途、武雄に兵船を止め、それが御船山に化したとある。これにより同行していた住吉神と武内宿禰が御船山の南嶽に鎮座し創祀された。

元永年中(1118-1120)頃、武雄2代領主 後藤資茂が、朝夕秀麗な御船山の麓に鎮座する武雄神社を望み、築城の適地と思い、朝廷に奏請して当社を現在地に遷した。

800年以上も続く流鏑馬が伝わる。推定樹齢3000年(昭和55年現在)と言われる大楠(高さ27m)がみられる。 一の鳥居(肥前鳥居)は寛永18年(1641)、武雄領主22代の鍋島茂和が建立したもの。市指定重要文化財。(以上 ホームページより)

ひとくちメモ

一の鳥居(肥前鳥居)は社殿から300m余東方の道路の脇にある。お見逃しなきよう。

写真

  • 推定樹齢3000年と言われる大楠
    推定樹齢3000年と言われる大楠 
  • 手水舎 - 社殿を背にして撮影
    手水舎 - 社殿を背にして撮影 

周辺のスポット(4km以内)

周辺の寺院・仏教施設は当ページの上部の検索の項の「4km以内」のボタンをご利用下さい。