仏旗 宮司山 成鎮寺(じょうちんじ) 真言宗醍醐派  JYOUTINJI TEMPLE 武雄新四国霊場第60番札所

  • 本堂
    本堂 
  • 参道口の庚申塔(と思われる)
    参道口の庚申塔(と思われる) 
住所
〒843-0002 佐賀県武雄市朝日町大字中野10343 標高:34m MAP GMAP
周辺の寺院
同地区同宗派検索  4km以内の寺院検索

歴史

案内板の内容は下記の通り。

室町時代からの真言宗の寺で本尊は不動明王である。

古くは宮司山妙福寺と称し大永4年1524入山した成覚法印の創建といわれている。 一時廃寺となったが太平洋戦争後成鎮寺となった。

境内には文化財が多く、不動明王像、聖観音像、地蔵像、大師堂などが建立されている。

境内の大日堂は武雄新四国霊場第60番札所(本尊:大日如来)となっている。

ひとくちメモ

参道口は県道331号線の脇にある。 100mほどのまっすぐな参道を進むと山門前に到着。 本堂の前には不動明王像・観音菩薩像・地蔵菩薩像が立っている。 他、石塔・石仏が多数あり。

本堂に向かって右手前には大日堂がある。 大日堂の前にはシャクナゲの大株がある。 花はまだツボミ。残念。ピンク色である。

参道口には、高さ50cmほどの一風変わった存在感たっぷりの石塔がある。 庚申塔の一種ではなかろうか?


写真

  • 遠景
    遠景 
  • 山門 - 境内より撮影
    山門 - 境内より撮影 
  • 山門
    山門 
  • 境内風景
    境内風景 
  • 観音菩薩、不動明王、地蔵菩薩 - 本堂前
    観音菩薩、不動明王、地蔵菩薩 - 本堂前 
  • 境内の石仏群
    境内の石仏群 
  • 境内の石塔群
    境内の石塔群 
  • 大日堂(「武雄新四国 第60番 本尊 大日如来」)
    大日堂(「武雄新四国 第60番 本尊 大日如来」) 
  • 大日堂前のシャクナゲ(残念ながらまだツボミ)
    大日堂前のシャクナゲ(残念ながらまだツボミ) 
  • シャクナゲのツボミ
    シャクナゲのツボミ 
  • 参道口前の風景(左右方向の道は県道331号線)
    参道口前の風景(左右方向の道は県道331号線) 
  • 喚鐘
    喚鐘 
  • 参道口の庚申塔(と思われる)(拡大)
    参道口の庚申塔(と思われる)(拡大)