仏旗 補陀落山(ほだらくさん) 長谷寺(ちょうこくじ) [長谷禅寺] 臨済宗東福寺派  TYOUKOKUJI ZEN TEMPLE 佐賀新四国八十八ヶ所霊場第10番 伊藤氏参拝済

  • 門柱
    門柱 
  • 本堂
    本堂 
住所・電話
〒840-0201 佐賀県佐賀市大和町大字尼寺1462 標高:14.2m MAP GMAP 0952-62-2269
周辺の寺院
同地区同宗派検索  4km以内の寺院検索

歴史

伊藤氏メモ境内には、佐賀藩神代家の家臣で、脱藩し死罪となった国学漢学者・横尾紫洋(よこおしよう)の墓がある。 本堂右手すぐ奥、新しい横尾家の墓の右に隣接、通路左側に面した古い墓碑がそれである。刻字は薄れており、一番上の文字が「紫」らしいということがかろうじて分かる。なお、横尾紫洋の墓は当寺と永明寺(ようめいじ)(小城市芦刈町)の双方に実在している。()

伊藤氏メモ「小城市HP」には以下のような掲載がある。()

紫洋は、享保19年1734、現在の佐賀市大和町尼寺に生まれた。幼時より高城寺(現:佐賀市大和町久池井)の住職陽山師複和尚について和漢の学を修め、のちに長門の儒者・瀧鶴台に師事し、関白九条家の知遇を得て光格天皇の侍講となった。 宝暦年間1751-1764に討幕の計画をめぐらし同士を募っていたが発覚して捕えられ、永明寺(ようめいじ)に幽閉された。 天明4年1784斬罪に処せられた。墓は永明寺にある。

ひとくちメモ

地蔵堂(ここより東方約500mの地点)の縁起を教えて下さった地元の古老の方にこの寺が在ることを教えて頂き、急遽の参拝となった。

本堂前の一対のイチョウの木が印象的である。 境内には、真新しい大師堂がある。 大師堂内には弘法大師像とその両脇には木像が2体安置されている。 かなりの古仏である。

門前には多数の石仏・石塔・墓碑などがびっしりと置かれている。

写真

  • 門柱(拡大)
    門柱(拡大) 
  • 門柱(拡大)
    門柱(拡大) 
  • 境内風景
    境内風景 
  • 真新しい大師堂
    真新しい大師堂 
  • 弘法大師と古仏 - 大師堂内
    弘法大師と古仏 - 大師堂内 
  • 僧形の木像 - 大師堂内
    僧形の木像 - 大師堂内 
  • 門前の石塔群
    門前の石塔群 
  • 門前の墓碑群
    門前の墓碑群 
  • 喚鐘
    喚鐘