仏旗 祝融山(しゅくゆうざん) 天福院(てんぷくいん) 曹洞宗[未]  TENPUKUIN ZEN TEMPLE 佐賀新四国八十八ヶ所霊場第5番 伊藤氏参拝済

住所・電話
〒840-0859 佐賀県佐賀市新栄西1-6-8 標高:4.4m MAP GMAP 0952-24-1896
検索
同地区同宗派寺院  4km以内
Links
祝融山 天福院 | さがの歴史・文化お宝帳

歴史

伊藤氏メモ元和元年1615の創建以来この地にあり、現第30世。本堂は平成4年1992の改築。本尊は薬師如来。境内の大師堂は、佐賀新四国八十八ヶ所霊場第5番となっている。

境内の奥には、村了和尚の墓碑がある(解説板あり)。村了和尚については、「ふるさと佐賀探訪/HP」には、次のように記されている。

延宝5年1677鍋島光茂の時代、鍋島家とゆかりのある高伝寺慶誾寺静元寺宗龍寺龍泰寺天祏寺宗智寺の7寺だけを特別に保護する政策が採られ、圓藏院(市内中の館町)は外された。 このため、圓藏院住職の村了和尚はたびたび藩主に嘆願書を出したが、希望は叶えられなかった。そこで直訴を思い立ち、鍋島光茂公が慶誾寺に参拝する日、村了和尚は、その朝早く同寺にしのび込んだ。そして焼香台の下に身を隠し、光茂が焼香をしようとしたところ、焼香台の下から上訴状を光茂の面前に突き出した。会場は大混乱し、和尚は捕らえられた。

当時、直訴は斬罪の掟があり、和尚は、ここ天福院で打首になった。首は圓藏院にあり、その胴体が天福院に埋葬されたと伝わる。

寺の入口にある養老院と書かれた大きなお墓には、養老院で亡くなった身寄りのない人々が葬られている。これについては、「さがの歴史・文化お宝帳/HP」に次のように記されている。

天福院の先先々代住職(27世)渡辺鉄肝和尚は、日本初の養老院を佐賀に建てたことで知られている。明治40年1907アメリカへ留学した鉄肝和尚は、勉学に打ち込む一方貧困者救済にも関わり、日本に帰国した後、アメリカを見習って護国神社の南隣り(川原町)に養老院を建設した。以来、その運営に心血を注ぎ、天福院との間を下駄の音高く往復する姿を見て、人々は「鉄肝さん」と呼び敬愛した。

()

ひとくちメモ

未参拝の為、未稿。