仏旗 帰命山(きみょうざん) 正念寺(しょうねんじ) 浄土真宗本願寺派[未]  SYOUNENJI TEMPLE 蒲田津三ヶ寺 伊藤氏参拝済

住所・電話
〒840-0004 佐賀県佐賀市蓮池町小松794 標高:4m MAP GMAP 0952-97-0175
周辺の寺院
同地区同宗派検索  4km以内の寺院検索
Links
正念寺 | さがの歴史・文化お宝帳

歴史

伊藤氏メモ開基年代不詳。開山は宗玄。 建立は天正年間1573-1591。 これ以前は天台宗であったが真宗(東本願寺派)に転じ、さらに寛文6年1666浄土真宗本願寺派に転派した。 寺記によれば、開山・宗玄は現在の浄土真宗本願寺派に転派後の第1世である。

宗玄は楠木正成の血族とも、また筑後の酒見兵庫守の末孫とも伝えられる。石山合戦1570-1580ののち寺号を賜り、教如上人九州巡化に当たり蓮如上人の御影を賜った。

文政11年1828大風水害によりより伽藍を失ったがその後堂宇を再建し現在に至る。 本堂には166枚の天井画があり、極彩色多種多様なるも画師は不明である。 境内には、昭和7年1932の上海事変における肉弾三勇士の一人である江下武二(えしたたけじ)陸軍伍長の墓がある。(『佐賀百寺巡拝』より)()

伊藤氏メモ現第16世。()

ひとくちメモ

伊藤氏メモ本堂に上がると、自動的に内陣部が明るく灯され、音楽が流れてくるのがシャレている。 166枚の天井画もさることながら、内陣の襖絵や欄間の彫り物の龍が金色(こんじき)に輝いている様子は豪華絢爛である。 江下武二伍長の墓は、本堂向かって右手前の道路に近いところにある。他の墓碑よりやや背高で頂上部が角錐型であるのですぐ分かる。()