bukki 宗寿庵跡(そうじゅあんあと) [葉隠発祥の地] 仏教礼拝所 ☆☆☆

住所・電話
〒849-0906 佐賀県佐賀市金立町1557   標高:48.2m MAP GMAP
検索
同地区同宗派(43)  4km以内  周辺のスポット(8)  Links(2)

歴史

元禄13年(1700)山本常朝は、佐賀藩2代藩主鍋島光茂死去のため落髪出家してこの朝陽軒(のち宗寿庵)に隠棲した[1]。宝永7年(1710)田代又兵衛陣基(たしろまたべえつらもと)[2]が自已修養のため、ここを訪れ教えを請い、正徳3年(1713)常朝が大小隈(現大和町)に移ったが、享保元年(1716)までの間、常朝の口述を筆録したのが葉隠11巻である。

ひとくちメモ

参道口よりなだらかな、かなりの年代を感じさせる石段を登ると、建物が建っていたと思しきかなり広い平坦面の奥にポツンと「常朝先生垂訓碑」が立っている。周辺には建物の遺構などは確認できない。

碑文の脇に「大乗妙典一千部」への道標があり、50〜100m程の所に「大乗妙典一千部」がこれもポツンと建っている。

「常朝先生垂訓碑」・「大乗妙典一千部」は共に多くの木々で覆われているが、手入れが行き届いており、見通しは良い。 ちょっとした公園風である。 所々に動物よけの金属製の柵が設置されている。イノシシ対策だろう。

写真

  • 参道口の石碑「佐賀県史跡 葉隠発祥の地」
    参道口の石碑「佐賀県史跡 葉隠発祥の地」 
  • 石段
    石段 

大乗妙典一千部

石碑(表「大乗妙典一千部」)
石碑(表「大乗妙典一千部」) 
石碑(裏「元禄十四年辛巳年始繙之而至正徳二壬辰年五月十六日圓満修」)
石碑(裏「元禄十四年辛巳年始繙之而至正徳二壬辰年五月十六日圓満修」) 

正徳(1712)、光茂の内室、霊樹院は亡夫追善のために法華経一千部を自読した「大乗妙典一千部」碑を建立した。

裏面の碑文はLinks① より引用した。

石碑は長年の風雪の為、かなり摩耗が進んでいる。

周辺のスポット(4km以内)

周辺の寺院・仏教施設は当ページの上部の検索の項の「4km以内」のボタンをご利用下さい。

脚注