仏旗 金峰山 石水寺(せきずいじ) 曹洞宗[未]  SEKIZUIJI ZEN TEMPLE 佐賀新四国八十八ヶ所霊場第6番 伊藤氏参拝済

住所・電話
〒849-0935 佐賀県佐賀市八戸溝2-4-24 標高:7m MAP GMAP 0952-31-3805 
検索
同地区同宗派寺院  4km以内

歴史

伊藤氏メモ以下は、『八戸溝の石造文化』による。

古文書によれば、川上村(大和町)の豪族松本氏が庵を寄進し開基したという。 また、過去帳によれば、この松本氏が亡くなったのが延宝年間1673-1681といい、当寺の起源はその頃になる。

寺は開基より石水庵として住職のいない時代が長く続いた。古い美術品は残っていないが、本尊は金箔塗りで像高60cmの観世音菩薩である。制作年代は不明であるが、数百年は経っているものと推測される。()

ひとくちメモ

伊藤氏メモ像高60cmの本尊観世音菩薩像は、本堂祭壇の高い所にガラスケースに入れられて大切に祀られている。本堂右手前には、等身大の白い吉祥天女像(平成16年建立)が立っている。()