仏旗 無量寿山 西淨寺(さいじょうじ) [西浄寺] 浄土真宗本願寺派  SAIJYOUJI TEMPLE 北山シャクナゲ・ツツジ園

  • 全景
    全景 
  • 門前の風景(左右方向の道は県道299号線(通称:三瀬栗並線)) - 境内より撮影
    門前の風景(左右方向の道は県道299号線(通称:三瀬栗並線)) - 境内より撮影 
住所・電話
〒840-0501 佐賀県佐賀市富士町古場49 標高:391.4m MAP GMAP 0952-57-2763 
検索
同地区同宗派寺院  4km以内

歴史

伊藤氏メモ 以下は、『佐賀百寺巡拝』による。

創立は天文10年1542、開基は信海。播磨守護赤松氏の一族の上月氏から出た吉浦越後守は、深く世の無常を達観して出家発心、法名を信海とし上無津呂に一宇を建立したことに当寺は始まる。

戦国争乱で、神代勝利(くましろかつとし)長良(ながよし)父子は、筑前・筑後連合軍の来攻を受け退却したが、富士町上無津呂でおびただしい戦死者を出した。信海は、戦没者を一か所に集めて合同葬を営んだ。神代氏は、戦没者菩提のため毎年13石を給付し法要を営んだ。

第3世の代、山崩れのため寺堂がつぶれ、無住であった古湯の淨覚寺へ移住した。 昭和19年1944両寺の門徒合議の上、本堂を建立。 昭和28年1953淨覚寺と上無津呂の山王山西光寺とを合寺して無量寿山西淨寺と号した。 合併廃寺となった西光寺は元々神代勝利が信海に命じて造らせた寺院であった。()

ひとくちメモ

寺は石垣の上にある。裏手は杉林となっている。 境内は手入れが行き届いている。 門前は田園風景が広がっている。

寺の裏手600mほど登った(北上する)所に北山シャクナゲ・ツツジ園がある。


写真

  • 本堂
    本堂 
  • 本堂の扁額
    本堂の扁額 
  • 山門 - 本堂を背にして撮影
    山門 - 本堂を背にして撮影 
  • 鐘楼
    鐘楼 
  • 石段
    石段 
  • 北山シャクナゲ園への入口
    北山シャクナゲ園への入口