仏旗 龍蟠山(りゅうばんざん) 城雲院(じょううんいん) [城雲禅院] 曹洞宗[未]  JYOUUN-IN ZEN TEMPLE 佐賀城址 伊藤氏参拝済

住所・電話
〒840-0813 佐賀県佐賀市唐人2-7-5 標高:6.7m MAP GMAP 0952-26-7218
検索
同地区同宗派寺院  4km以内
Links
城雲院軸物等の一般公開 佐賀市の観光ポータルサイト 佐賀市観光協会 [sagabai.com]

歴史

伊藤氏メモ元々は真言・天台などの他宗派であったようであるが、慶長18年1613、藩祖鍋島直茂の没後に追い腹した秀島源兵衛茂次の供養のため曹洞宗寺院として開寺された。現第24世。

当院には明治時代、政府の医療行政にドイツ医学導入を主導した佐賀藩医・相良知安(さがらともやす)の墓が本堂裏手にある(表示板あり)。 相良知安は、東京医学校(東京大学医学部の前身)の初代校長。現在、相良知安の記念碑が東京大学附属病院玄関前にある。

また、釈迦の誕生と最期を描いた「誕生図」「涅槃図」がある。約350年前の作で、1.5m×2.4mの大きなもの。 一般公開されるのは、3月の「佐賀城下ひなまつり」の頃であるが、本堂内にはその開設パネルが常設されている。 明治の三筆の一人で佐賀を代表する書家・中林梧竹(なかばやしごちく)の作品や、相良知安の生涯を紹介するパネルなどもある。()

ひとくちメモ

未参拝の為、未稿。