bukki 薬寿山 本願寺(ほんがんじ) [本願禅寺] 曹洞宗 ☆☆☆ 行基 伊藤氏参拝済 川副七仏第6番

住所・電話
〒840-0017 佐賀県佐賀市新郷本町7-21   標高:5.8m MAP GMAP 0952-22-0923  FACEBOOK
検索
同地区同宗派(89)  4km以内  関連寺院(1)  周辺のスポット(23)  Links(1)

歴史

伊藤氏メモ慶長7年(1602)に藩士の吉田右衛門により慶誾寺(佐賀市本庄町)の末寺として創建された。

天平年間(729-748)、九州諸国に疫病や災害が絶えなかったとき、聖武天皇の勅願によって、行基菩薩は流れ着いた1本の樟樹から7体の薬師如来を刻み、川副7か所に安置し祈念して災厄を鎮めたという伝説があり、このうちの1体が当寺の本尊として安置されている。 この7体の薬師如来は古くから「川副7薬師」とも呼ばれており、当寺の他、東光寺(諸富)・安龍寺(諸富)・法源寺(川副)・東光寺(諸富)・正定寺(川副)・寒若寺(本庄)でそれぞれ本尊仏となっている。

平成16年の竜巻により本堂及び庫裏が全壊。その後、改・新築されている。(以上 『佐賀百寺巡拝』より)()

ひとくちメモ

伊藤氏メモ本堂前部は広いスペースが確保されており、不動明王像や弘法大師像が安置された小堂、その隣には不動明王像、また子授け六地蔵塔なども配されている。()

参道口周辺は住宅地となっている。少し分かりづらいが看板が設置されており、参拝者にはありがたい。その反対側には2体の石仏が浮き彫りにされた石塔がある。

写真

  • 不動明王像(左)と仏堂
    不動明王像(左)と仏堂 
  • 仏堂内
    仏堂内 
  • 参道口(左手が本願寺)
    参道口(左手が本願寺) 
  • 参道口に立つ石塔(2体の石仏が浮き彫りにされている)
    参道口に立つ石塔(2体の石仏が浮き彫りにされている) 
  • 境内風景 - 本堂を背にして撮影
    境内風景 - 本堂を背にして撮影 
  • 境内のツツジの大株(満開)
    境内のツツジの大株(満開) 
  • 山門
    山門 
  • 喚鐘
    喚鐘 

関連寺院(※過去に関連していた寺院も含みます。必ずしも現在関連している寺院とは限りません。)

周辺のスポット(4km以内)

周辺の寺院・仏教施設は当ページの上部の検索の項の「4km以内」のボタンをご利用下さい。