仏旗 久徳山(きゅうとくざん) 福満寺(ふくまんじ) [福満禅寺] 臨済宗南禅寺派  FUKUMANJI ZEN TEMPLE 六地蔵塔 伊藤氏参拝済

  • 本堂(裏手にアンテナ塔が見える)
    本堂(裏手にアンテナ塔が見える) 
  • 石手水(伊予石製。伊万里円通寺の高僧より贈られたものという。)
    石手水(伊予石製。伊万里円通寺の高僧より贈られたものという。) 
住所
〒849-0936 佐賀県佐賀市鍋島町大字森田1153 標高:7.4m MAP GMAP
周辺の寺院
同地区同宗派検索  4km以内の寺院検索
Links
福満禅寺 | さがの歴史・文化お宝帳

歴史

Linksのページによれば、1600年頃から存在しているが、創建は不明。 開山は流室禅師大和尚(寛文12年1672没)。 江戸期は森田学校(寺子屋)として開校され、現在の鍋島小学校[1]の前身となっている。 本尊は、薬師如来という。

ひとくちメモ

伊藤氏メモ本堂内本尊薬師如来の脇侍には、日光・月光菩薩が鎮座。境内は広くはないが、山門から本堂前まで石畳が整然と引かれ、本堂左前の小石庭には鹿脅し(ししおどし)の付いた石手水が置かれ、禅宗寺院らしい雰囲気を醸し出している。また、小さなモミジの樹がオレンジ色に染まって京都の寺院庭園の風情も伺える。寺院全体にすっきり感が溢れている。山門入ってすぐには、小さな六地蔵塔もある。現第13世。() 

本堂・庫裏共近年再建されたと見えて真新しい。 本堂前は掃き清められた石庭となっている。 境内を散策していると、住職の奥様と思しきかたが出てこられ色々なお話を聞かせていただいた。 石庭内にある石手水は伊予石でできており、当寺住職の晋山のおり伊万里市円通寺の高僧から贈られたものという。 石手水の脇に小さな石碑があり、「圓通僧堂 臥龍窀[2]老子 猊下」と記されている。

門柱の内側には二層式の六地蔵塔がみられる。

余談ではあるが、本堂の裏手には携帯電話の基地局の高いアンテナ塔が立っている。 このアンテナは遠くからもよく見える。 作者は寺の裏手にある森西公民館前に我が念仏4号を駐車。徒歩にて近辺のお寺を参拝した。 他のお寺の参拝の時に今自分の居場所を確認するのに役立った。

さらに余談。今回の佐賀市遠征はこの時期佐賀バルーンフェスタが開催されており、バルーンを背景にお寺の写真を撮影する下心もあった。当寺に到着したのが10:54。先ほどの住職の奥様にこのことを伺うと「朝はたくさん飛んでましたよ。今日は夕方4時過ぎからまた飛ぶようです」との話。これから予定していた周辺の数ケ寺を参拝しても昼前には終わってしまう。 と、いうことで今年もバルーンは諦め、周辺のお寺を参拝後佐賀市北部のお寺に向かった。毎度、思いつきの行きあたりばったりである。

写真

  • 本堂の扁額
    本堂の扁額 
  • 本堂前の石庭(きれいに掃き清められている)
    本堂前の石庭(きれいに掃き清められている) 
  • 山門内側のニ層式六地蔵塔
    山門内側のニ層式六地蔵塔 
  • ニ層式六地蔵塔の龕部
    ニ層式六地蔵塔の龕部 
  • 山門内側の石仏・石塔
    山門内側の石仏・石塔 
  • 門前の風景
    門前の風景 
  • 喚鐘
    喚鐘 


関連寺院(※過去に関連していた寺院も含みます。必ずしも現在関連している寺院とは限りません。)