仏旗 常楽山(じょうらくざん) 延覚寺(えんかくじ) 浄土真宗本願寺派  ENKAKUJI TEMPLE 背振千坊

  • 全景
    全景 
住所・電話
〒842-0301 佐賀県佐賀市三瀬村三瀬2430 標高:433.4m MAP GMAP 0952-56-2602 
検索
同地区同宗派寺院  4km以内

歴史

境内の本堂の改修工事石碑(平成15年3月30日銘)の内容を下に引用する。

平成11年12月1日、本願寺24世即如門主の組御巡教お引き受け会決定をご縁として、 平成15年3月末、宗祖親鸞聖人巡番報恩講お待ち受け事業としてお内陣もかねて、本堂の平成改修工事を営む。

背振山に仏教天台宗が開山されて千坊の1寺として村内土師[1]に正覚院が創営される。 慶長元年15962月、浄土真宗に転派、開基を教西と云う。 3代永賢の代、本願寺の認知するところとなり、慶長16年16115月16日、木佛(本尊 阿弥陀如来)が下賜され、坊号を拝受す。 正覚院をあらためて、「永賢坊」と称した。

4代順誓の代、寛永12年163510月5日、坊号を願い替えて現在の寺号「延覚寺」となし、山号を「藤原山」と称している。 天保10年1839正月受、京都堀川の住人の銘記の寺社駕籠の修復等から、現在地への移転もこの頃であったと思われる。 億萬人の懇念あって今日を迎える。(以下略)

ひとくちメモ

標高:430m前後。 本堂は、改修後約12年。材木の色合いがなかなか良い。 境内には、シャクナゲ・藤棚などが観られる。

写真

  • 本堂
    本堂 
  • 本堂正面に掲げられている「藤下がり」の紋
    本堂正面に掲げられている「藤下がり」の紋 
  • 本堂正面に掲げられている木彫
    本堂正面に掲げられている木彫 
  • 本堂正面に掲げられている木彫
    本堂正面に掲げられている木彫 
  • 親鸞聖人像 - 本堂正面
    親鸞聖人像 - 本堂正面 
  • 鐘楼
    鐘楼 
  • シャクナゲ(花の時期は終わっていた)
    シャクナゲ(花の時期は終わっていた) 
  • 境内風景
    境内風景 
  • 藤棚
    藤棚 
  • 門前の風景(前方に背振山山頂付近が見える)
    門前の風景(前方に背振山山頂付近が見える) 
  • 参道口(左右方向の道は県道46号線)
    参道口(左右方向の道は県道46号線) 
  • 梵鐘
    梵鐘 
  • 喚鐘
    喚鐘