仏旗 三重山 圓城寺(えんじょうじ) [圓城禅寺・円城寺] 黄檗宗万福寺派[未]  ENJYOUJI ZEB TEMPLE

住所・電話
〒840-2102 佐賀県佐賀市諸富町為重1292 標高:6m MAP GMAP 0952-47-2472 ホームページ
検索
同地区同宗派寺院  4km以内

歴史

伊藤氏メモ以下は、「当寺HP」などによる。

記録等がほとんど残っておらず、創建年代等は不詳であるが、旧肥前鹿島藩主の鍋島直杉家より有縁の者が出家し桂巌老和尚の弟子となり、崇勝院寂恵宲湛大師(正徳5年1715寂)と号し、当寺を建立したのが開基として伝えられている。

1700年代には、隠元禅師の弟子たちにより次々に黄檗の寺院が建立された。特に佐賀は、当時85ヶ寺の黄檗寺院があったと記録が残っている。当寺もその一つとして建立された。

無住の時代もたびたびあり大きな発展はなかったようであるが、大正14年1925頃、先々代が三宝寺(さんぼうじ)(熊本県宇城市)から圓鏡寺(えんきょうじ)(福岡県みやま市)を経て当寺に赴任し、檀信徒の教化活動に熱心に取り組み、現在の当寺の基礎を築いた。 その赴任当時は小さな庵で本尊は仏間に安置されていたという。昭和6年1931に現在の本堂を建立。内陣は朝鮮模様の柱と欄間が鮮やかで、建創優美なたたずまいであったという。

先代は昭和56年1981老朽化した庫裏を改築し、また本堂の瓦の葺替えや庭の造成、山道の整備と事業を次々とこなした。平成5年から現在の第16世。()

ひとくちメモ

未参拝の為未稿。



関連寺院(※過去に関連していた寺院も含みます。必ずしも現在関連している寺院とは限りません。)