仏旗 長楽山 伝照寺(でんしょうじ) [傳照寺] 浄土真宗本願寺派  DENSYOUJI TEMPLE 背振千坊 キンモクセイ

  • 本堂
    本堂 
住所・電話
〒842-0301 佐賀県佐賀市三瀬村三瀬289 標高:394.6m MAP GMAP 0952-56-2624 
検索
同地区同宗派寺院  4km以内

歴史

『三瀬村誌』[宗教]第二章三瀬の仏教と民間信仰の項の一部を引用する。

長楽山 伝照寺

万治3年166011月、開基を道円となす寺であるが、元は諸寺と同じく天台宗の末寺で前身を瑞応寺(中園在)[1]といった。 一時曹洞宗玉林寺末と改宗していたが禅寺として破廃し、万治に至って浄土真宗として再興され山号を長水山後長楽山とし伝照寺と称している。

雑仏の項で掲載している「薬師堂」の薬師三尊仏(薬師如来・日光菩薩・月光菩薩)はこの瑞応寺の本尊ではなかったかと思われるのである。 少なくとも禅家のものではなく台宗由縁のものではと推察される。その容姿はすばらしい。(以下略)

ひとくちメモ

門前の国道263号線は福岡市西区・早良区方面から三瀬峠を越え佐賀市内に抜ける幹線道路である。 休日ともなれば車の往来が激しい。 たくさんの木々に囲まれた境内である。 本堂は民家風の建物となっている(コバルトブルーの屋根は遠くからもよく目立つ)。 本堂前にはキンモクセイの大木が植えられている。 参道口の石段脇には木製のベンチが置かれている。

写真

  • 参道口
    参道口 
  • 本堂の扁額
    本堂の扁額 
  • 本堂前のキンモクセイの大木
    本堂前のキンモクセイの大木 
  • 門前の眺望(道路は国道263号線)
    門前の眺望(道路は国道263号線) 
  • 門前の国道263号線 - 佐賀市内に向って撮影
    門前の国道263号線 - 佐賀市内に向って撮影 


関連寺院(※過去に関連していた寺院も含みます。必ずしも現在関連している寺院とは限りません。)