仏旗 瑞龍山(ずいりゅうざん) 大興寺(だいこうじ) [大興禅寺] 黄檗宗  DAIKOUJI ZEN TEMPLE 羅漢 菩提樹 樹木葬伊藤氏参拝済

  • 本堂
    本堂 
  • 石門(天保6年銘)
    石門(天保6年銘) 
  • 布袋像
    布袋像 
住所・電話
〒840-0804 佐賀県佐賀市神野東3丁目10-3 標高:6.9m MAP GMAP 0952-33-1713 ホームページ
検索
同地区同宗派寺院  4km以内

歴史

天和3年1683神埼の安国寺末であった即宗庵を再興。 開基は諫早4代領主の奥方、伊勢姫。開山は桂巖禅師。 諫早家の佐賀での菩提寺として創建された。 元禄16年17039月、小城圓通寺末の廃寺であった大興寺の寺号を受け現在の寺号となった。 往時は7間4面の本堂、四間に四間の禅堂、庫裡、鐘堂、鼓堂、楼門など、伽藍完備し、寺門頗る繁栄した。

明治に入り、急速に寺は衰退し、明治14年には本堂が売却される事態、加えて台風等の自然災害も重なり、一旦は住職も途絶えてしまう。 明治末に寺領が復活、庫裡本堂等が整えられた。

平成18年2月13日未明の失火により本堂、方丈が消失。平成21年度、新本堂竣工、再建されたという。 石門には、天保6年1835の刻銘があるという。(ホームページ・Linksのページより)

伊藤氏メモ創建時より現在地にある。 幕末には、江藤新平副島種臣大隈重信大木喬任などが当寺で密会し尊皇攘夷を協議したという。当寺は、同じ黄檗宗の福源寺(鹿島市)の住職を兼務している。()

ひとくちメモ

本堂の朱色と白のコントラストが異国情緒満点である。 石門もなかなか珍しいものである。 本堂の前には7体の羅漢像布袋(ほてい)像がみられる。 境内には多くの歴史を感じさせる石仏もみられる。

2017-11-26、初参拝。 境内では法事の最中で、法事参加者に気を使っての参拝となった。

伊藤氏メモ本堂や外塀の朱色と白のコントラストや、本堂前の布袋像(ほていぞう)・7体の羅漢立像などに中国風の異国情緒が強く感じられる。 境内には佐賀で初めてという樹木葬の墓地があり、欧米風の平板形状の墓が列をなし花が満ち溢れている。 花々はよく手入れされており、綺麗さがいっそう際立っている。 山門入って左側部には檀家の古い墓が並び、そこは多くのお寺と同様である。また月例坐禅会も行われている。 和洋中のいずれの面も兼ね備えた、観光寺院にもなり得る見どころ十分な寺院である。()


写真

  • 本堂
    本堂 
  • 本堂の扁額
    本堂の扁額 
  • インドボダイジュ
    インドボダイジュ 
  • 大楠
    大楠 
  • 境内の石仏群
    境内の石仏群 
  • 境内風景
    境内風景 
  • 境内の石仏
    境内の石仏 
  • 境内の石仏
    境内の石仏 
  • 境内の石仏
    境内の石仏 
  • 境内の石仏
    境内の石仏 
  • ダイダイ(と思われる)
    ダイダイ(と思われる) 
  • 枝ぶりの良い松
    枝ぶりの良い松 
  • 「不許葷酒入山門」
    「不許葷酒入山門」 
  • 塀
    塀 
  • 裏手の三溝公園の紅葉
    裏手の三溝公園の紅葉 

羅漢像

本堂前に7体の羅漢像が立っている。皆表情豊かである。

  • 羅漢像
    羅漢像 
  • 羅漢像
    羅漢像 
  • 羅漢像
    羅漢像 
  • 境内風景 - 本堂を背にして撮影
    境内風景 - 本堂を背にして撮影 


関連寺院(※過去に関連していた寺院も含みます。必ずしも現在関連している寺院とは限りません。)