bukki 長照山 長栄寺(ちょうえいじ) 日蓮宗 ☆☆☆

住所・電話
〒845-0024 佐賀県小城市三日月町道辺809   標高:11.3m MAP GMAP
検索
同地区同宗派(14)  4km以内  周辺のスポット(9)

歴史

伊藤氏メモ長栄寺は、元禄元年1688開山、南照院体相律師日楊大徳によって建立された。 俗に言う隠居寺であり、開山を除いて以後、歴代の先師の資料は乏しく詳しい歴史は残っていない。 寺の南には広々とした田園風景が広がり、北には天山山系が望める場所にある。

明治38年1905智海院日栄上人の代に、間口四間奥行四間半の本堂建立。 本尊勧請様式は一塔両尊合唱印、尊像は嘉永4年1852に作製された説法像である。

昭和2年192720世海宝院日照上人の代に5坪の鬼子母神堂を建立。 向かって左に三十番神像、右には千手観音像、正面には鬼子母神像が祀られている。 その後本堂、庫裏ともに幾度と改修・改築されたが、23世住職手嶋正奠上人が、昭和22年1947に当寺に入寺したときは、藁葺屋根で室内は暗く雨漏りも多い荒れ寺で、当初はたいへん苦労したという。 昭和43年1968、日蓮大聖人生誕750年の記念事業として本堂・庫裏の屋根を瓦にした。

境内には、万部読誦の宝塔がある。法華経は全8巻からなるが、これをすべて読誦することを一部経読誦と言う。 日珠上人、日峯上人が一部経読誦1万回を達成した記念に建立された宝塔である。 寺宝として、7世日廣上人の代より所蔵されている釈尊大涅槃像掛軸一幅がある。(「日蓮宗全寺院マップ佐賀県(日蓮宗ポータルサイト)」より)()

ひとくちメモ

本堂に向かって左手前に、石塔がある。 石塔の頂上には僧形の人物が彫刻された石祠がのせられている。 これが、万部読誦の宝塔なのであろうか? 鬼子母神堂は未確認。

境内の裏手には麦畑が広がり、その先には天山山系の山々を望むことができる。

写真

  • 本堂の扁額
    本堂の扁額 
  • 参道口
    参道口 
  • 境内風景 - 本堂を背にして撮影
    境内風景 - 本堂を背にして撮影 
  • 石塔(万部読誦の宝塔か?)
    石塔(万部読誦の宝塔か?) 
  • 石塔脇の石碑(「中央尊」と刻まれている)
    石塔脇の石碑(「中央尊」と刻まれている) 
  • 本堂裏手の風景(天山山系の山々が見える)
    本堂裏手の風景(天山山系の山々が見える) 
  • 喚鐘
    喚鐘 

周辺のスポット(4km以内)

周辺の寺院・仏教施設は当ページの上部の検索の項の「4km以内」のボタンをご利用下さい。