bukki 錦鏡山(きんきょうざん) 宝泉寺(ほうせんじ) [宝泉禅寺] 臨済宗南禅寺派 六地蔵塔 伊藤氏参拝済

住所・電話
〒849-0311 佐賀県小城市芦刈町芦溝230   標高:4.6m 地図 GMAP 0952-66-3545 
検索
同地区同宗派(27)  ( 4km以内 ) MAP  周辺のスポット(5)  Links(2)

歴史

本尊は薬師如来。 開山は済川慶晋(さいかわけんしん)。永禄年間(1558-1570)鴨打胤忠(かもちたねただ)が建立。 境内には鴨打氏一族の墓がある。(Links② より)

門前の案内板の内容を下に記す。

鴨打氏の「お館跡」

鴨打氏は徳島氏とともに芦刈を治めた在地領主であった。

松浦党に属し東松浦郡を根拠地としていたが、16世紀前半頃、鴨打秀の代に千葉氏に仕え此の地に移住した。

鴨打秀の孫にあたる胤忠は戦国武将、龍造寺隆信に仕え、元亀元年(1570)今山の戦い等で多くの戦功をあげている。

江戸時代になり鍋島元茂を初代とする小城藩が置かれると、鴨打一族は小城鍋島家の家臣として小城に転居した。

ここ宝泉寺一帯は鴨打氏の館跡と伝わり、境内西側には昭和50年(1975)代の圃場整備の際に、西濠の外側より移設された「かもちさんのハカ」と呼ばれる戦国期〜江戸時代初期の石塔群が合祀されている。

南方の乙宮神社は、天文5年(1536)に鴨打氏が勧請したと伝わり、その一帯も鴨打氏に関連する居館跡と考えられている。

令和3年(2021)2月28日 小城市教育委員会

ひとくちメモ

伊藤氏メモ平成23年(2011)に寄進された、山門に連なる白壁が周囲の田園に映えて輝く。本堂・庫裏なども全体的に新しい。本堂西側には、古く小さい鴨打氏の墓標が列をなしている。()

山門の裏手に1基の六地蔵塔がある。寺の東隣りに流れる福所江川を渡ると佐賀市となる。

写真

  • 本堂
    本堂 
  • 境内風景 - 本堂を背にして撮影
    境内風景 - 本堂を背にして撮影 
  • お堂(施錠されており内部は拝めなかった)
    お堂(施錠されており内部は拝めなかった) 
  • 本堂前の石仏群
    本堂前の石仏群 
  • 六地蔵塔 - 山門の後
    六地蔵塔 - 山門の後 
  • 喚鐘
    喚鐘 

周辺のスポット(4km以内)

周辺の寺院・仏教施設は当ページの上部の検索の項の「4km以内」のボタンをご利用下さい。