仏旗 大雄山 報恩寺(ほうおんじ) [報恩禅寺] 臨済宗東福寺派[未]  HOUONJI ZEN TEMPLE 佐賀新四国八十八ヶ所霊場第75番 六地蔵塔 伊藤氏参拝済

住所・電話
〒849-0315 佐賀県小城市芦刈町浜枝川字浜中377 標高:3.9m MAP GMAP 0952-66-0618
検索
同地区同宗派寺院  4km以内

歴史

伊藤氏メモ当寺の南側の道沿いには、次のような案内板があり、この一帯についての歴史が語られている。()

芦刈の西部地区は、永正年間1504-1520小城千葉氏の一族・徳島氏が小路とここ浜中に城(館)を築き、以来地頭として千葉氏に、次いで龍造寺氏、その後鍋島氏に仕えていた。

一族の中でも徳島孫八郎盛秀は知勇に優れ、永禄5年1562有馬・大村氏が佐賀に攻め込んできた際には、東芦刈の豪族・鴨打氏とともに龍造寺軍の先鋒として柳鶴(牛津町)に、また元亀元年1570豊後の大友氏が攻めて来た際には、鍋島直茂らとともに今山(大和町)に出陣し、論功をあげた。

その後、鍋島藩が小城に支藩を置き、徳島一族は家臣として元和年間1615-1624小城に移った。浜中の東側には今も徳島堀の名が残っている。

ひとくちメモ

伊藤氏メモ長い参道の入口部にはかなり大きな花崗岩の寺名柱が立ち、その足元には小ぶりな六地蔵塔がある。参道両脇には墓碑が立ち並ぶ。風格もあり歴史ある寺院のようであるが、残念ながらお寺の方は不在で、その歴史等について話を伺うことはできなかった。()