bukki 梧竹観音堂(ごちくかんのんどう) [三日月堂] 仏教礼拝所 ☆☆☆ 伊藤氏参拝済 小城新四国霊場第82番

住所・電話
〒845-0032 佐賀県小城市三日月町金田   標高:5.9m 地図 GMAP
検索
同地区同宗派(22)  ( 4km以内 ) MAP  周辺のスポット(4)  Links(1)

歴史

伊藤氏メモ梧竹観音堂(三日月堂)は、梧竹[1]が明治41年(1908)、82歳のときに建立し、さらに御物を納める鳳凰閣を翌42年にその傍らに建立した。 今は、鳳凰閣はない。観音堂も昭和24年(1949)の台風で倒壊し、昭和32年(1957)に規模を縮小して再建された。 小城新四国霊場第82番札所となっている。

観音堂正面入口に鍋島直大(なべしまなおひろ)の書「三日月堂」の木額が掲げられている。 堂内正面には梧竹が生涯信仰した観音像を祀り、左側に先祖代々・小城藩主・先師の位牌が安置されている。 両側には隠元禅師の書「観世音菩薩」、梧竹の書「寂滅場中活路通」の木額が掲げられている。(境内の「解説板」より)()

梧竹の墓は、長栄寺(小城市三日月町金田)にある。 門前県道48号線を渡った所にある妙観院(小城市三日月町金田)の本堂内には梧竹によって揮毫された「金剛輪堂」と記された大きな額が掛かっている。 勝妙寺(小城市三日月町織島)には梧竹書の石門がある。

伊藤氏メモ中林梧竹記念館がJR小城駅の北側にある(小城市小城町158-4 桜城館2階、0952-71-1132)。()

ひとくちメモ

観音堂は2間四方。屋根には相輪があしらわれている。 扉は施錠されており、扉の前からの参拝となった。

当ページ下部に参道の記事を掲示します。

写真

  • 観音堂の扁額(「正ニ位勲一等侯爵鍋島直大」銘)
    観音堂の扁額(「正ニ位勲一等侯爵鍋島直大」銘) 
  • 霊場札「小城新四国第82番 本尊聖観世音」
    霊場札「小城新四国第82番 本尊聖観世音」 
  • 境内風景 - 観音堂を背にして撮影
    境内風景 - 観音堂を背にして撮影 
  • アオギリ - 観音堂に向って右手
    アオギリ - 観音堂に向って右手 

参道

①参道口(前方(画像中央)に門柱(明治41年6月建立銘)が見える。左右方向は県道48号線)
①参道口(前方(画像中央)に門柱(明治41年6月建立銘)が見える。左右方向は県道48号線) 
②参道(カイヅカの並木)
②参道(カイヅカの並木) 
③境内入口
③境内入口 
③境内入口脇の道標
③境内入口脇の道標 

参道口は観音堂の位置から50mほど東側の県道48号線沿いにある。

明治41年(1908)6月建立銘の門柱が立っている。 門柱を過ぎるとカイヅカの並木が10mほど続き、その先が境内入口となっている。 一直線の参道である。

境内は私有地のようなたたずまい。 観音堂に向って左手の民家の玄関には、梧竹と同じ姓の表札が掲示されている。 梧竹との血縁の方のお宅ではないだろうか?

画像の①〜③は、参道口からの順番を示しています。

周辺のスポット(4km以内)

周辺の寺院・仏教施設は当ページの上部の検索の項の「4km以内」のボタンをご利用下さい。

脚注