bukki 城戸大日堂(きどだいにちどう) [中山身語正宗立教の地碑] 不詳 KIDO DAINITI-DOU 古四国八十八ヶ所霊場第74番札所

住所・電話
〒841-0201 佐賀県三養基郡基山町小倉   標高:63.7m MAP GMAP
検索
同地区同宗派(88)  4km以内  関連寺院(1)  周辺のスポット(7)

歴史

御堂の縁起等は不詳。分かり次第追記します。

御堂の前には巨大な 中山身語正宗立教の地碑がある。 当御堂は古四国八十八ヶ所霊場第74番札所(本尊:大日如来)となっている。 古四国八十八ヶ所霊場を創建したのは中山身語正宗の大本山瀧光徳寺の初代住職の木原覚恵上人である。 当御堂の前にこの石碑があるのはその為だろう。

御堂名「城戸大日堂」は作者が仮称しました。

ひとくちメモ

御堂内には中央に大日如来・向って左手に菩薩形石仏・右手には板碑が祀られている。

御堂の脇には小川が流れ、御堂前に行くには、小川に架けられた小さな鉄橋を渡る必要がある。 その橋がかなり古いもので渡るのにはなかなか勇気がいる。

当御堂の前の道路脇には小さな仏堂がある。

写真

  • 祭壇
    祭壇 
  • 霊場札(文字は「大日」しか読み取れない)
    霊場札(文字は「大日」しか読み取れない) 
  • 鉄橋(渡るのに勇気が必要)
    鉄橋(渡るのに勇気が必要) 

中山身語正宗立教の地碑

中山身語正宗立教の地碑
中山身語正宗立教の地碑 
中山身語正宗立教の地碑(裏面)
中山身語正宗立教の地碑(裏面) 

石碑の裏面に「大正元年19122月18日 根本大悲の親の仏告により 宗祖覚恵上人がこの地において中山身語正宗を立教す 中山身語正宗 大本山瀧光徳寺 平成4年199212月吉日造」


道路脇の仏堂

仏堂
仏堂 
祭壇(中央に扉の閉まった厨子、向って右手に弘法大師)
祭壇(中央に扉の閉まった厨子、向って右手に弘法大師) 

祭壇中央には木製の厨子があり、その向って右手に弘法大師像が祀られている。


関連寺院(※過去に関連していた寺院も含みます。必ずしも現在関連している寺院とは限りません。)

周辺のスポット(4km以内)

周辺の寺院・仏教施設は当ページの上部の検索の項の「4km以内」のボタンをご利用下さい。