bukki 荒穂神社(あらほじんじゃ) 神道 SRAHO SHRINE 古四国八十八ヶ所霊場第45番札所

住所・電話
〒841-0204 佐賀県三養基郡基山町宮浦   標高:109.5m MAP GMAP
検索
同地区同宗派(5)  4km以内  関連寺院(1)  周辺のスポット(6)

歴史

「荒穂神社縁起」に人皇第37代代孝天皇の御代645-654基肄国造物部金連の後裔・金村臣によって創建されたとある。 社殿ははじめ基山山頂にあったが、戦国の兵火にかかって転々とし、当地に移ってきたのは貞享2年1685である。

拝殿は文政2年1819、神殿・中殿は安政5年1858の改築である。

社殿の前に「覚恵上人修行之地」と記された石碑がある。 この「覚恵上人」とはここより北西600mほどの所に大伽藍を構えている瀧光徳寺を大正元年1912に開基した僧の名である。 その縁であろう、当社の境内の数箇所には同寺が寄進した旨の表示を確認した。子細は忘れてしまった。

古四国八十八ヶ所霊場第45番札所(本尊:荒穂大明神・瓊瓊杵尊(ににぎのみこと))。

ひとくちメモ

一の鳥居の脇に「縣社 荒穂神社」の石塔が立っている。 社殿に向って右手に大きな祠がある。多数の神像・神体が祀られている。

写真

  • 「覚恵上人修行之地」碑 - 社殿前
    「覚恵上人修行之地」碑 - 社殿前 
  • 狛犬の台座銘「文政8年乙酉6月」
    狛犬の台座銘「文政8年乙酉6月」 
  • 狛犬の台座銘(寄進者銘がびっしり)
    狛犬の台座銘(寄進者銘がびっしり) 
  • 社殿裏手の祠内
    社殿裏手の祠内 
  • 社殿裏手の祠内(ほとんどが御神体・神像だが、一体だけ如来型仏像が混じる)
    社殿裏手の祠内(ほとんどが御神体・神像だが、一体だけ如来型仏像が混じる) 
  • 社殿の外側に掛けられた絵馬
    社殿の外側に掛けられた絵馬 
  • 看板
    看板 

関連寺院(※過去に関連していた寺院も含みます。必ずしも現在関連している寺院とは限りません。)

周辺のスポット(4km以内)

周辺の寺院・仏教施設は当ページの上部の検索の項の「4km以内」のボタンをご利用下さい。