仏旗 佛日山(ぶつにちさん) 陽興寺(ようこうじ) [陽興禅寺] 曹洞宗  YOUKOUJI ZEN TEMPLE 稲佐神社 坐禅 六地蔵塔 伊藤氏参拝済

  • 本堂
    本堂 
  • 4代正辰(右)・妻の墓碑 - 須古鍋島家御霊屋境内
    4代正辰(右)・妻の墓碑 - 須古鍋島家御霊屋境内 
  • 石段
    石段 
  • 白石町湯崎の風景 - 須古鍋島家御霊屋境内より撮影
    白石町湯崎の風景 - 須古鍋島家御霊屋境内より撮影 
住所・電話
〒849-1115 佐賀県杵島郡白石町湯崎1751 標高:30m MAP GMAP 0952-84-3510
検索
同地区同宗派寺院  4km以内
ホームページ
陽興寺 - 曹洞禅ナビー寺院検索― 曹洞宗公式 寺院ポータルサイト
Links
白石町 陽興寺 須古鍋島家 御霊屋。:佐賀県武雄市 武雄温泉 あるタクシー会社 もろもろ情報ブログ
白石町ウェブサイト 龍造寺信周(りゅうぞうじのぶかね)

歴史

伊藤氏メモ天正年間1573-1591に、龍造寺信周(りゅうぞうじのぶかね)により復興創建。 信周は、「五州二島の太守」として武威を振るった龍造寺隆信の弟である。 隆信は天正2年1574それまで須古を治めていた平井経治(ひらいつねはる)を4度目の戦いにしてやっと攻め破り、そののち須古城主として信周を配した。

ある日、家臣の諸隈甚右衛門(もろくまじんえもん)という者が、3晩続けて「湯崎と川津の境に平井氏が逃げるときに焼き払った寺跡があって、そこを復興すれば武運長久・子孫繁栄するであろう」という夢を見、そのことを主君信周に言上したところ、信周も同じ夢を見たという。このことが縁となって、陽興寺は須古龍造寺家(3代目から鍋島姓となる)の菩提寺として復興された。

昭和60年1985、県立博物館で催された中世美術展の展示品・大般若経に、陽興寺の名前が奥書してあるのが見つかった。 それは、文明4年1472に当時の陽興寺住職・桂林(けいりん)大和尚が隣寺の水堂さん(安福寺)に奉納した600巻の大般若経の一部であった。 荒廃した水堂さんの再興と陽興寺の隆盛を願って寄進したもののようである。 現在、その大般若経は600巻全てが伊万里湾の鷹島(長崎県)にある住吉神社の所蔵となっている。

桂林大和尚は、その後佐賀県内の曹洞宗寺院の中で最も古い玉林寺(佐賀市大和町)第67世になった。 また、正長元年1428頃と推定されるが、陽興寺開山の父谷伯(ふこくはく)大和尚は玉林寺の第21世であったことから、陽興寺は当初は玉林寺の末寺であったことがうかがえる。 現在は、山口県長門市の大寧寺の末寺である。(以上、当寺の由緒書きより)

天正年間の復興創建以来、34世を数える。

古い山門は200年ほど前の建立ではないかという。 本堂は昭和6年1931に完成したもの。 本堂左手奥には、町史跡にも指定されている「須古鍋島家御霊屋(おたまや)」の一画がある。 この御霊家は、信周を初代とする須古鍋島家のもので、15代まで(除:7代・9代)の邑主(ゆうしゅ)(領主)とその家族の墓等(主に五輪塔)や経典供養碑・供奉(殉死)侍供養碑・春日燈籠など計51基が一ヶ所にまとまり当初の姿をよく留めている。()

『白石町史』によれば、県下で最も高い寺格の高伝寺等8ヶ寺の内の一つという。

ひとくちメモ

伊藤氏メモ当寺は、やや高台に位置し、白石平野の穀倉地帯が眼下に広がる。()

参道口の駐車場内の慶長2年銘万部塔を右に見て石段を登り始める。作者が数えて約118段。 石段の途中には、地蔵菩薩・石塔・六地蔵塔・「禁葷酒」の石塔などがみれらる。 足がフラフラで山門をくぐり本堂域にたどり着く。正面に本堂。本堂の前には鐘楼がある。 本堂に向かって左手奥よりまた石段。作者が数えて約66段。須古鍋島家御霊屋境内にたどり着く。

本堂は銅板蕗(おそらく)の重厚な造り。須古鍋島家御霊屋には多数の墓碑がみられる。 そこから眺める白石町湯崎の眺めはなかなかのものである。 作者は石段を登ったが、車で本堂域までは登れる。本堂前には駐車場もある。(記)

写真

  • 全景 - 須古鍋島家御霊屋境内より撮影
    全景 - 須古鍋島家御霊屋境内より撮影 
  • 本堂の扁額
    本堂の扁額 
  • 須古鍋島家御霊屋風景
    須古鍋島家御霊屋風景 
  • 鐘楼
    鐘楼 
  • 山門
    山門 
  • 山門の扁額
    山門の扁額 
  • 山門 - 境内より撮影
    山門 - 境内より撮影 
  • 地蔵菩薩と石仏群 - 本堂前
    地蔵菩薩と石仏群 - 本堂前 
  • 石段 - 山門を背にして撮影
    石段 - 山門を背にして撮影 
  • 地蔵菩薩・石塔・六地蔵塔 - 石段途中
    地蔵菩薩・石塔・六地蔵塔 - 石段途中 
  • 「禁葷酒」石塔 - 石段途中
    「禁葷酒」石塔 - 石段途中 
  • 慶長2年銘万部塔
    慶長2年銘万部塔 
  • 参道口
    参道口 
  • 梵鐘
    梵鐘 
  • 桜 - 須古鍋島家御霊屋境内
    桜 - 須古鍋島家御霊屋境内 


関連寺院(※過去に関連していた寺院も含みます。必ずしも現在関連している寺院とは限りません。)