仏旗 金龍山(きんりゅうざん) 長徳寺(ちょうとくじ]) [長徳禅寺] 曹洞宗[未]  JISSOUIN TEMPLE 伊藤氏参拝済

住所・電話
〒849-2101 佐賀県杵島郡大町町大町1354 標高:17.4m MAP GMAP 0952-82-2379 
検索
同地区同宗派寺院  4km以内

歴史

伊藤氏メモ応永14年1407の創建以来この地にあり現第22世。

本堂の外に掛かる半鐘について、以下のような案内書きが掲示されている。

寛文6年1666冶工・樹善兵衛政徃の作である。肥前に残る鐘は、佐賀長瀬町の谷口系、寺町の樹(植木)系の二派が主であるが、その中でもこの樹善兵衛のものは有名である。

鐘の総高は約66cm・外径39cm、乳座4ケ所に9箇ずつの乳が配されている。池の間には、鐘聲銘并序の施主の長徳寺開基・土井八郎佐衛門尉以下40名の名が陰刻されている。県内に残る数少ない樹善兵衛作の鐘の一つである。()

ひとくちメモ

伊藤氏メモ本堂前には、白い石造りの常夜灯が一対立っているのが目立つ。本堂左手先にある小堂には、炎色の光背を持つ不動明王像・弘法大師像・聖徳太子像が祀られている。寺前にある金龍橋は、赤色の親柱(橋の欄干の端にある柱)に桃色の欄干のよく目立つ派手目の造りである。()