bukki 潮塞観音(しおどめかんのん) 仏教礼拝所 白石新四国霊場第10番札所

住所・電話
〒849-0401 佐賀県杵島郡白石町福富   標高:3.5m 地図 GMAP
検索
同地区同宗派(21)  ( 4km以内 )  関連寺社(1) MAP  Links(1)

歴史

大正3年(1914)8月25日、杵島・佐賀・小城・藤津の各郡内を高潮が襲い、 甚大な災害が起こった。 その災害のさなか、近郊の堤防が相次いで決壊。最後の砦であった本堤(五千間土井)も決壊しかけた頃、1家屋[1]が流れ着いたおかげで辛くも決壊の危機を免れることができた。 後日、そこから発見されたのが千手観世音菩薩坐像であった。 人々は文字通り千本の手で堤防の決壊を(ふさい)でくれたとして「潮塞観音」と呼び厚く祀ることになった。

毎年、8月25日には地元の人々による「潮塞観音」祭りが開催されている。(Links① より)

当観音像は明治30年(1897)大弘寺より勧請し、ここより500mほど南(現在の観音搦)も祀られていたもの。(御堂内の由来書より)

白石新四国霊場第10番札所(本尊:千手観音)。

ひとくちメモ

未参拝の為、未稿。

関連寺社(※過去に関連していた寺社も含みます。必ずしも現在関連している寺社とは限りません。)

脚注