仏旗 江北町カンカン石観音堂(こうほくまちかんかんいしかんのんどう) 不詳[未]  KANKAN-KANNON-DOU 長崎街道 伊藤氏参拝済

住所
〒849-0503 佐賀県杵島郡江北町惣領分 標高:13.8m MAP GMAP  
検索
同地区同宗派寺院  4km以内

歴史

伊藤氏メモ江北町カンカン石観音堂という名称は仮称である。

国道34号線沿いにある参道口からセメント階段を少しあがった山裾に案内板のある小広場があり、そこからまた少しあがった所に小さいが新しい観音堂がある。案内板の要旨は次のとおり。

ここは江戸時代、長崎街道の一名所として先覚者の紀行文や記録に見られ、珍石を小石で打てば、カンカンと(かね)を打つような音がすることからカンカン石といわれ、天下に有名な石と漢詩にも賦された。 また、観音堂を背景に庭石の配置に妙ありて旅人の慰めとなった。珍石とは、磁鉄鉱を含む讃岐石(サヌカイト)をいう。()

地名「杵島郡江北町惣領分」は「きじまぐん こうほくまち そうりょうぶん」と読む。 門前の道は長崎街道である。

ひとくちメモ

伊藤氏メモ現在は、度重なる国道拡張により敷地は縮小、数個の鳴石は紛失、自然の配置風物は変わっているが、僅かに遺された石造物に昔日の面影が偲ばれる。(案内板より)()