bukki 大山祗神社(おおやまずみじんじゃ) [医王山東光寺旧地] 神仏習合 ☆☆☆ 背振千坊 三養基新四国八十八ヶ所霊場第80番

住所・電話
〒842-0101 佐賀県神埼郡吉野ヶ里町松隈2219-1   標高:430.1m MAP GMAP
検索
同地区同宗派(3)  4km以内  関連寺院(2)  周辺のスポット(4)  Links(2)

歴史

大山祗神社の創建年代は不明。祭神は山の神・大山祗尊。山の神を尊ぶ小川内(おがわち)の住民の精神の拠り所として尊崇されてきた。元はこの地のすぐ東側にあったが、五ケ山ダム建設の為、水没。現在の地に移転してきた。 平成18年(2006)に全世帯の移転が完了したというので、この頃の移転と思われる。

当社のご神木の大杉は平成28年(2016)に当社の境内から現在の地にジャッキで引き揚げられた。(Links② より)

また、当社のすぐ西側にあった医王山 東光寺も移転。移転先は不詳だが、本尊であった薬師如来は修学院の境内にある薬師堂(谷山薬師、平成27年(2015)建立)に移転している。

現在の境内に「三養基新四国八十八ヶ所第80番霊場」と記された大木な石祠があるが、これはこの地の南東隣の大野に祀られていた「お不動さん」ではないかという。(Links① より)

ひとくちメモ

大山祗神社は五ケ山ダムのダム湖を見下ろす高台にある。 移転して時があまり経っていない為、真新しい社殿となっている。 社殿には施錠された金属製の門扉があり、そこからの参拝となった。

門扉の手前には、東光寺の境内や、水没した小川内の集落に祀られていたと思しき多数の石塔・石仏群がみられる。

大杉は樹勢盛ん。よくジャッキで、この大木を引き揚げたものだと思う。

写真

  • 大山祗神社
    大山祗神社 
  • 案内図(「1」の位置が大山祗神社、「3」の位置が東光寺があった場所 - 大杉脇の案内板より抜粋)
    案内図(「1」の位置が大山祗神社、「3」の位置が東光寺があった場所 - 大杉脇の案内板より抜粋) 
  • 「三養基新四国八十八ヶ所霊場第80番」の表示された大きな石祠
    「三養基新四国八十八ヶ所霊場第80番」の表示された大きな石祠 
  • 石塔 - 東光寺旧地門前にあったもの
    石塔 - 東光寺旧地門前にあったもの 
  • 石仏群 - 東光寺旧地にあったもの
    石仏群 - 東光寺旧地にあったもの 
  • 石仏群 - 東光寺旧地にあったもの
    石仏群 - 東光寺旧地にあったもの 
  • 石塔・石仏群全景
    石塔・石仏群全景 
  • 「小川内墓地」(中には元治紀元甲子(1864)銘の墓碑もある)
    「小川内墓地」(中には元治紀元甲子(1864)銘の墓碑もある) 
  • 根本を補強する鉄筋
    根本を補強する鉄筋 
  • 遠景(①が大山祗神社、②が大杉。前後方向の道は県道136号線)
    遠景(①が大山祗神社、②が大杉。前後方向の道は県道136号線) 
  • 五ケ山ダム湖(この岸の近くに東光寺、その先に大山祗神社と大杉があった)
    五ケ山ダム湖(この岸の近くに東光寺、その先に大山祗神社と大杉があった) 
  • 移転前の大山祗神社 - 案内板より抜粋
    移転前の大山祗神社 - 案内板より抜粋 
  • 移転前の東光寺 - 案内板より抜粋
    移転前の東光寺 - 案内板より抜粋 

関連寺院(※過去に関連していた寺院も含みます。必ずしも現在関連している寺院とは限りません。)

周辺のスポット(4km以内)

周辺の寺院・仏教施設は当ページの上部の検索の項の「4km以内」のボタンをご利用下さい。