bukki 法聚山 浄徳寺(じょうとくじ) [シャクナゲ寺] 浄土真宗本願寺派 JYOUTOKUJI TEMPLE 背振千坊 シャクナゲ シャクナゲ祭り

住所・電話
〒842-0203 佐賀県神埼市脊振町服巻950   標高:562m MAP GMAP 0952-59-2317  ホームページ
イベント情報(今日から2ヶ月間)
**新型コロナウイルスの影響で中止イベントが多発しています。下記のイベントは一部中止となっている可能性があります。参加予定の方々はご自分で確認の上ご参加下さい。情報収集中です。ご容赦ください。**
日時内容備考
2021-04-17シャクナゲ祭り山全体にシャクナゲが咲き誇ります。旧本堂脇の弁財天シャクナゲもお見逃しなく。 09:00-17:00
大人(高校生以上)500円
小学生以下 無料
団体20名様以上 400円
2021-05-05
検索
同地区同宗派(20)  4km以内  周辺のスポット(2)  Links(2)

歴史

門前の案内板によれば、元禄2年1689、背振千坊の一つ多聞坊の僧、深久によって開山。 当世11世。

旧本堂脇の「辯財天シャクナゲ」は佐賀県内屈指の古木(推定樹齢400年、樹高:6.5m、枝張り:7m)。 毎年4月下旬〜5月初旬、山全体でシャクナゲが咲き誇る。シャクナゲの画像のギャラリーはこちら

他のシャクナゲと異なり辯財天シャクナゲだけは開花期が遅く、5月初旬が見頃という。 このシャクナゲは『日本昔話』にもとりあげられているという(Links参照のこと)。

ひとくちメモ

旧本堂新本堂がある。 作者は県道46号線沿いの旧本堂の参道口から入場。 坂の途中で「シャクナゲの森」入山券を購入。 坂道を登る。 旧本堂域手前に辯財天シャクナゲがある。 時期が過ぎていたと諦めていたが、今が見頃。ラッキーである。 この旧本堂は民家風の建物。かなりの年歴を経たもののようである。 旧本堂に向って右手には浄土真宗のお寺ではめずらしい薬師堂がある。 平安後期の作という薬師仏を拝む。 続いて、旧本堂の裏手の山一帯のシャクナゲを鑑賞。 かなりの人出である。 その後、裏手の新本堂に参拝。 近年新築されたもののようである。

尚、シャクナゲの合間に咲くミツバツツジもなかなかのもの。ピンク・オレンジなどがある。 シャクナゲ祭りの期間中(と思われるが)、旧本堂前で住職みずから育てたシャクナゲの鉢植えが格安にて領布される。

新本堂の門前の道からは、背振山山頂の自衛隊分屯基地の建物を眺めることができる。

寺の西側には一本桜「久保山のヤマザクラ」があり、毎年4月8日前後が満開という。

周辺のスポット(4km以内)

周辺の寺院・仏教施設は当ページの上部の検索の項の「4km以内」のボタンをご利用下さい。