仏旗 向陽山(こうようざん) 宝泉寺(ほうせんじ) [寶泉禅寺] 曹洞宗  HOUSENJI ZEN TEMPLE 六地蔵塔

  • 全景
    全景 
  • 石段(両脇に六地蔵塔)
    石段(両脇に六地蔵塔) 
住所・電話
〒848-0102 佐賀県伊万里市波多津町畑津1314 標高:15.2m MAP GMAP 0955-25-0009 
検索
同地区同宗派寺院  4km以内

歴史

伊藤氏メモ文禄年間1592-1596の開基といわれる。門前には、永禄6年1563建立の六地蔵塔などがある。(『佐賀県の歴史散歩 』より)()

『伊万里の禅寺』によれば、創設は天正年間1573-1593とも。 開山は相知町医王寺東嶽融誾(とうがくゆうげん)和尚、開基は畑津御嶽城(みたけじょう)主、畑津内記(はたつないき)。 明治43年全山焼失。 明治45年永見寺(福岡県糸島市二丈町)住職仙外和尚を迎えて中興開山。 大正7年本堂再建。大正15年庫裡完成。 昭和59年、本堂・位牌堂の屋根替えを行う。 平成8年庫裡改装。 本尊は薬師如来という。

門前の県道52号線を西に100mほど行った所に田嶋神社が鎮座している。 神社境内の案内板によれば、室町期にはこの辺りは入江の奥にあたり、岸岳城主(唐津市北波多)の波多氏の港(津)であったと考えられ、そこで「波多津(はたつ)」と呼ばれ「畑津」の字があてられたという。

ひとくちメモ

寺は石垣の上にある。裏手は山である。 門前の県道52号線を渡ると田園風景がみられる。 本堂に参拝していると和尚が出てこられ、寺の歴史、近況などいろいろなお話しを聞かせて頂いた。 この寺は相知町医王寺との関わりが深いとのこと。 また、『伊万里の禅寺』も頂戴した。 伊万里市内の9ケ寺の曹洞宗・臨済宗の寺の歴史が詳しく書かれたものである。 感謝感謝である。

写真

  • 本堂
    本堂 
  • 本堂の扁額
    本堂の扁額 
  • 山門
    山門 
  • 山門の扁額
    山門の扁額 
  • 六地蔵塔(永禄6年銘)
    六地蔵塔(永禄6年銘) 
  • 六地蔵塔(永禄6年銘)
    六地蔵塔(永禄6年銘) 
  • 境内風景 - 本堂を背にして撮影
    境内風景 - 本堂を背にして撮影 
  • 板碑(円が描かれている) - 本堂前
    板碑(円が描かれている) - 本堂前 
  • 地蔵菩薩像(文化6年銘) - 本堂前
    地蔵菩薩像(文化6年銘) - 本堂前 
  • ソテツ - 本堂前
    ソテツ - 本堂前 
  • サルスベリの花 - 本堂前
    サルスベリの花 - 本堂前 
  • 観音菩薩像
    観音菩薩像 
  • 門前の風景(右手が宝泉寺)
    門前の風景(右手が宝泉寺) 
  • 喚鐘
    喚鐘 

田嶋神社(たしまじんじゃ)

境内の案内板によれば、この神社は唐津市呼子町加部島の田嶋神社の分霊を勧請したものと考えられ、 建武元年1336、社殿が再建され、室町末期には波多氏の祈願所であったと伝えられているという。 現存する本殿は覆屋(おおいや)の中にあり、三間社流見世棚造(さんげんしゃながれみせだなづくり)という様式であるという。 国重要文化財。

覆屋に囲まれた社殿は残念ながら拝めなかった。 社務所と思われる木造の建物は昔懐かしい味わいのあるものとなっている。

  • 全景
    全景 
  • 拝殿
    拝殿 
  • 本殿の覆屋
    本殿の覆屋 
  • 社務所(昔ながらの建築)
    社務所(昔ながらの建築) 


関連寺院(※過去に関連していた寺院も含みます。必ずしも現在関連している寺院とは限りません。)