仏旗 中山神社観音堂(なかやまじんじゃかんのんどう) [中山観音堂] 不詳[未]  NAKAYAMA-SR-KANNON-DOU 湯平温泉

住所
〒879-5112 大分県由布市湯布院町湯平772 標高:597.4m MAP  
検索
同地区同宗派寺院  4km以内

歴史

中山神社の由来は、文応元年1260、北面の武士であった麻生摂津守(あそう・せっつのかみ) 藤原秀勝(ふじわらのひでかつ)が、湯平の地に下向して一堂を建立したことに始まると言われている。 秀勝が第90代亀山天皇より賜った一尺8寸の純金製の観音像を持仏としていたが、その観音像を本尊として祀り、この地が中仙道の佐興の中山に似ていることから、この堂を亀山報恩寺と名付けた。

その後、秀勝は土着・帰農して農民となり、村の農民たちを教化して、一緒に湯平温泉を開発したと伝えられる。当観音堂は、豊後観音講の18番札所でもある。(Linksのページより)

ひとくちメモ

未参拝の為未稿。