bukki 補陀落山(ふだらくさん) 清水寺(せいすいじ) [清水禅寺] 曹洞宗  SEISUIJI ZEN TEMPLE 九州西国霊場第3番札所 百八観音霊場第77番札所 豊前国三十三観音霊場第4番札所 十一面観世音菩薩の御開帳仁聞

  • 本堂
    本堂 
住所・電話
〒879-0236 大分県宇佐市清水443番地 標高:47.6m MAP GMAP 0978-33-1426 
イベント情報(今日から2ヶ月間)
**新型コロナウイルスの影響で中止イベントが多発しています。下記のイベントは一部中止となっている可能性があります。参加予定の方々はご自分で確認の上ご参加下さい。情報収集中です。ご容赦ください。**
日時内容備考
2021-01-10
(10:00〜17:00)
十一面千手観音の御開帳秘仏の十一面千手観音立像を拝観することができる。
検索
同地区同宗派寺院  4km以内

歴史

養老元年717仁聞菩薩による創建と伝わる。 一時期は山岳信仰の求菩提山修験道の傘下に入っていたといわれる。 治承4年1180、平重盛が派遣した宗清が、京都清水寺の本尊を勧請して七堂伽藍を復興。 応永11年1404泉福寺(国東)から龍室禅師を迎え、曹洞宗の座禅道場として改宗された。

天正年間1573-1592大友宗麟の兵火で焼失。本尊は難をのがれた。 寛永14年1637木下宗連が中津藩主小笠原長次に復興を勧進・再建した。(境内の案内板などより)

本尊十一面千手観音は秘仏。毎年1月10日と8月10日に開帳される。

ひとくちメモ

参道口は県道666号線沿いにある。 寺は山裾にある。 本堂に向かって右手に石段があり、石段脇には「種田山頭火 観音霊場巡礼の旅 記念姿像」乳観音がある。 石段を登ると観音堂地蔵堂三十三観音がある。

楼門をくぐらず、左手の林の中に墓地らしきものがある。そこには木下宗連・平重盛の墓碑があると思われる。 季節柄、長いものの出現を恐れそこの参拝は断念した。


写真

  • 境内配置図
    境内配置図 
  • 本堂の扁額
    本堂の扁額 
  • 本堂
    本堂 
  • 楼門
    楼門 
  • 観音堂へ上る石段(石段の左に種田山頭火像・乳観音が見える)
    観音堂へ上る石段(石段の左に種田山頭火像・乳観音が見える)  
  • 観音堂
    観音堂 
  • 観音堂内(秘仏の為、厨子の扉は閉められている)
    観音堂内(秘仏の為、厨子の扉は閉められている) 
  • 観音堂の扁額
    観音堂の扁額 
  • 観音堂(左)と地蔵堂
    観音堂(左)と地蔵堂 
  • 三十三観音 - 観音堂に向かって右手
    三十三観音 - 観音堂に向かって右手 
  • 地蔵堂 - 観音堂に向かって右手
    地蔵堂 - 観音堂に向かって右手 
  • 種田山頭火 観音霊場巡礼の旅 記念姿像
    種田山頭火 観音霊場巡礼の旅 記念姿像 
  • 乳観音(全景)
    乳観音(全景) 
  • 乳観音(右上より清水が流れている)
    乳観音(右上より清水が流れている) 
  • 乳観音
    乳観音 
  • 梵字石 - 本堂前
    梵字石 - 本堂前 
  • 石仏群 - 本堂前
    石仏群 - 本堂前 
  • 境内風景
    境内風景 
  • 木下宗連・平重盛の墓碑があると思われる墓地(季節柄前進を断念)
    木下宗連・平重盛の墓碑があると思われる墓地(季節柄前進を断念) 
  • 参道口
    参道口 
  • 喚鐘
    喚鐘 
  • 「■■酒」の石碑 - 参道脇
    「■■酒」の石碑 - 参道脇 


関連寺院(※過去に関連していた寺院も含みます。必ずしも現在関連している寺院とは限りません。)