bukki 宝寿院(ほうじゅいん) [宝壽院・すじ神様] 臨済宗妙心寺派 □□□ 佐伯四国八十八ヶ所第2番 佐伯四国三十三番第32番

住所・電話
〒876-0805 大分県佐伯市平野町1-12   標高:10.2m MAP GMAP
検索
同地区同宗派(70)  4km以内  関連寺院(1)  周辺のスポット(8)

歴史

佐伯藩初代藩主 毛利高政1559-1628八幡山城を築いた時、工事頭が伊予宇和島の修験者 宝寿院であった。宝寿院は城の秘密を知るということで帰国を許されず、 養賢寺の院寮で45年間暮らし、慶安5年1652他界。 故郷伊予の山が見える地にとの希望に従ってこの地に葬られた。

大正4年1915鉄道敷設工事の折、ツルハシで割られた骨壷を粗末に扱った夜、工事人の妻に怨霊が現れ、皆は大いにこれを恐れ、廟をつくり弔った。 (すじ)の病に効き目があることで知られ、参拝者が多いとの事。(『花へんろ』より)

佐伯四国八十八ヶ所第2番(本尊:観世音菩薩)となっている。

ひとくちメモ

門前の道の日豊本線の踏切前には佐伯霊場創設記念碑がある。

関連寺院(※過去に関連していた寺院も含みます。必ずしも現在関連している寺院とは限りません。)

周辺のスポット(4km以内)

周辺の寺院・仏教施設は当ページの上部の検索の項の「4km以内」のボタンをご利用下さい。