bukki 見仏山西巌院 浄土寺(じょうどじ) 浄土宗 写経 一伯公墓

住所・電話
〒870-0008 大分県大分市王子西町8-35   標高:6.6m MAP GMAP 097-532-3534  ホームページ
検索
同地区同宗派(9)  4km以内  関連寺院(1)  周辺のスポット(4)  Links(1)

歴史

文亀元年(1501)豊後国主の大友親治(宗麟の曾祖父)が開基した。開山は満誉覚了上人。満誉覚了上人は近江国から巡錫して来た僧侶。元亀4年(1573)に戦火で焼失。その後再建された。

元和9年(1623)徳川家康の孫に当たる松平忠直(一伯と号す)が将軍家とトラブルを起こして豊後府内藩(現在の大分市萩原)へ配流となった。一伯は浄土寺第10代の信誉上人と深い親交を結ぶことになった。 慶安3年(1650)56歳で死去。浄土寺第11代の単誉了宅上人によって葬儀が行われた。 生前、一伯を改心させた功によって、浄土寺は徳川家の葵の紋の使用を許され、一宗から豊後国筆頭職を命じられることになり、大いに栄えるようになった。

安永2年(1773)類焼により全焼。嘉永2年(1849)に現在の12間4面の大伽藍を再建して現在に至っている。

一伯公墓・山門・本堂・庫裡は登録有形文化財となっている。(以上 ホームページより)

ひとくちメモ

未参拝の為、未稿。

関連寺院(※過去に関連していた寺院も含みます。必ずしも現在関連している寺院とは限りません。)

周辺のスポット(4km以内)

周辺の寺院・仏教施設は当ページの上部の検索の項の「4km以内」のボタンをご利用下さい。