仏旗 檜原山(ひばるさん) 正平寺(しょうへいじ) 天台宗[未1]  SYOUHEIJI TEMPLE 九州四十九院薬師霊場第11番札所 耶馬溪新四国八十八ヵ所霊場第78番札所

住所・電話
〒871-0411 大分県中津市耶馬渓町中畑1419 標高:585.6m MAP GMAP 0979-54-3260 ホームページ
イベント情報(今日から2ヶ月間)
日時内容備考
2020-02-02節分鬼会
検索
同地区同宗派寺院  4km以内

歴史

崇竣天皇御即位元年587、釈正覚上人が初め犬ヶ岳に長福寺を創立し、その後寺を当山に移し一寺を建立した。

天平勝宝4年752勅願所と定められ、以来山号を「檜原山」、寺号を「正平寺」と称するようになった。安和2年969、大講堂が建立。以来、国府の所管するところとなり、鎮護国家の祈願道場として豊前山岳仏教の修験霊場として英彦山・求菩提山と共に隆盛をきわめた。

大字中畑、福土の2村が寺領であったが、黒田氏中津城主の時1587、米100石を附して没収された。 細川、小笠原氏を経て、奥平氏に至り、山上における全ての堂宇の営繕を負担され、奥平富之進昌高氏は天明7年1787上宮本堂を建立。

明治初年1868、9坊の末寺を有したが明治維新の変革により山林全部を国有林に編入された。 明治11年1878、明治21年1888、明治29年1896と相次ぐ火災に遭う。 現在の講堂は明治35年1902に復興したもの。平成13年2001、県下最大の梵鐘が復興された。

毎年、2月第1日曜日に節分鬼会・4月第2日曜日に桧原マツ(ひばるまつ)の伝統行事が執り行われる。 (ホームページより)

ひとくちメモ

未参拝の為、未稿。