bukki 観音寺(かんのんじ) [蛎瀬観音堂] 高野山真言宗 [未] KANNONJI TEMPLE 伊藤氏参拝済

住所・電話
〒871-0007 大分県中津市大字蛎瀬504   標高:6.6m MAP GMAP
検索
同地区同宗派(7)  4km以内  周辺のスポット(9)  Links(1)

歴史

伊藤氏メモ以下は、寺内に立つ案内板による。

照永山法華寺は、真言修験派に属し、山城国(京都)宇治の醍醐三宝院の末派である。開山開基は不詳。本尊は聖観世音菩薩。永禄3年1560の大友宗麟の戦火及び弘化3年1846の蛎瀬大火により、かつての七堂伽藍も悉く焼失し老朽堂宇のみが残存していた。漸く昭和60年1985代に至り、建て直しの気運が本格化し、護持会も発足し浄財寄進もあり平成11年1999に現本堂が落成した。

上記案内板には、照永山法華寺とあるが。本堂には「高野山真言宗 観音寺」と墨書された寺名木札が掲げられている。以前は法華寺と言われていたということかとも考えられる。現本堂は、正面出入口がアルミサッシ戸となっており、一見すると寺院本堂とは気付きにくい。本堂は、蛎瀬観音堂ともいわれるようである。境内部には、水子地蔵堂と稲荷大明神も祀られている。()

ひとくちメモ

未参拝の為、未稿。

周辺のスポット(4km以内)

周辺の寺院・仏教施設は当ページの上部の検索の項の「4km以内」のボタンをご利用下さい。