bukki 岡谷山浄蓮院(おかやさんじょうれんいん) 圓龍寺(えんりゅうじ) [円龍寺・閻魔さんのお寺] 浄土宗 ENRYUUJI TEMPLE 閻魔堂 伊藤氏参拝済

住所・電話
〒871-0075 大分県中津市寺町991   標高:7.2m MAP GMAP 0979-22-2045 
検索
同地区同宗派(5)  4km以内  周辺のスポット(9)  Links(3)

歴史

伊藤氏メモ寛永9年1632小笠原長次公が播州龍野7万石から中津藩主として入国したとき、専誉上人を開山として開かれた。阿弥陀如来を本尊に祀る。

山門を入って左手に観音堂閻魔堂がある。閻魔堂には、江戸時代の造立と思われる閻魔大王像と葬頭河婆(奪衣婆)像が安置され、江戸時代以来の閻魔信仰を今に伝えている。一説では、この像は中津藩の武士が箱根山で災難に遭い、閻魔大王への祈願によって救われたことを感謝し、山国川の畔に造立したものだといわれている。当寺は「閻魔さんのお寺」として知られている。

 (『中津藩(シリーズ藩物語) 』)より()

ひとくちメモ

コンパクトな境内。本堂をはじめ観音堂・閻魔堂・六地蔵などがすっきりと配置されている。

閻魔堂の正面はガラス張り。 おなじみの閻魔大王の橫に人頭杖が添えてある。 これは、死者を裁く十王(閻魔大王はその中のリーダー)の補助をする役人(司命)が手に持つ杖である。 人の頭が2つあしらわれる。 他所ではなかなかみられないものである。 葬頭河婆(奪衣婆)も恐ろしいお姿をされておられる。 観音堂内は金色と朱色が基調のデザインで、子安観世音菩薩が祀られている。

伊藤氏メモ観音堂・閻魔堂の左前に、キリシタン風の形状に見える織部燈籠が立っている。この燈籠は、殿町の井上家に伝来したもので、平成28年2016に井上家ゆかりの当寺に寄進されたものである。貴重な民俗資料として、大分県の有形民俗文化財に指定されている。

当寺第21世の晋山式が本年(令和元年2019)11月10日に行われる旨の案内板が山門前に立っている。()

写真

  • 本堂
    本堂 
  • 本堂の扁額
    本堂の扁額 
  • 六地蔵
    六地蔵 
  • 閻魔堂の扁額
    閻魔堂の扁額 
  • 閻魔堂内
    閻魔堂内 
  • 葬頭河婆(奪衣婆)(拡大)
    葬頭河婆(奪衣婆)(拡大) 
  • 人頭杖(冥界の司命の持物)
    人頭杖(冥界の司命の持物) 
  • 観音堂内
    観音堂内 
  • 観音堂の扁額
    観音堂の扁額 
  • 織部灯籠(形状がキリシタン風)
    織部灯籠(形状がキリシタン風) 
  • 閻魔堂全景
    閻魔堂全景 
  • 観音堂全景
    観音堂全景 
  • 山門
    山門 
  • 山門の扁額
    山門の扁額 
  • 山門の扉(乳金具と三階菱)
    山門の扉(乳金具と三階菱) 
  • 山門の金具
    山門の金具 
  • 喚鐘
    喚鐘 

周辺のスポット(4km以内)

周辺の寺院・仏教施設は当ページの上部の検索の項の「4km以内」のボタンをご利用下さい。