仏旗 妙徳山 泉福寺(せんぷくじ) [泉福禅寺] 曹洞宗★★  SENPUKUJI ZEN TEMPLE 宇佐神宮六郷満山霊場第23番札所 開山堂(附 開山無著和尚墓塔)仏殿宋版宏智録6冊仁王門 曹洞宗九州三ケ寺

  • 仏殿(国重要文化財)
    仏殿(国重要文化財) 
  • 山門(享保18年(1733)の建築。県有形文化財。2層目には地蔵菩薩立像・十六羅漢像が安置されている)
    山門(享保18年(1733)の建築。県有形文化財。2層目には地蔵菩薩立像・十六羅漢像が安置されている) 
住所・電話
〒873-0524 大分県国東市国東町横手1913 標高:85.5m MAP GMAP 0978-72-2035
検索
同地区同宗派寺院  4km以内
Links
泉福寺 (国東市) - Wikipedia
『曹洞宗の名刹泉福寺』
泉福寺|九州の霊場巡り

歴史

Linksのページによれば、永和元年1375、大友氏の一族の田原氏能の母の発願によって無著妙融(むちゃくみょうゆう)禅師1333-1393を開山として創建したと伝えられる。 天正9年1581にはキリシタン大名である大友宗麟による焼き討ちに遭い、開山堂、仏殿(大雄殿)のみを残して講堂等を焼失した。 その後、慶長10年1605に当時中津藩主であった細川忠興によって再興され、江戸時代には九州曹洞宗の総本山として栄えた。

ひとくちメモ

境内全体は禅寺らしく無駄のないすっきりとした趣である。 まさに九州曹洞宗の総本山の寺にふさわしい境内である。 仏殿は茅葺(かやぶき)

写真のデータを見ると、境内に入ったのが15時39分。寺を出たのが16時01分。 超特急の参拝であった。滞在時間≒20分。 この後、鉄輪温泉の宿に17時過ぎに無事到着。 時間に追われ、はらはらドキドキの一日であった。

写真

  • 本堂
    本堂 
  • 本堂の扁額
    本堂の扁額 
  • 本堂
    本堂 
  • 本堂と方丈をつなぐ廊下
    本堂と方丈をつなぐ廊下 
  • 本堂へ向かう石段
    本堂へ向かう石段 
  • 8世和尚像
    8世和尚像 
  • 6世和尚像
    6世和尚像 
  • 仏殿
    仏殿 
  • 仏殿内部(天上が複雑な形状をしている)
    仏殿内部(天上が複雑な形状をしている) 
  • 仏殿の扁額
    仏殿の扁額 
  • 仏殿 - 裏手より撮影
    仏殿 - 裏手より撮影 
  • 仏殿 - 本堂域を背にして撮影
    仏殿 - 本堂域を背にして撮影 
  • 開山堂(応永元年(1394)創建。寛永13年(1636)修理。昭和34、35年に全解体修理。国指定重要文化財)
    開山堂(応永元年(1394)創建。寛永13年(1636)修理。昭和34、35年に全解体修理。国指定重要文化財) 
  • 宝暦9年(1759)銘の石灯籠
    宝暦9年(1759)銘の石灯籠 
  • 方丈
    方丈 
  • 方丈の扁額
    方丈の扁額 
  • 木板 - 方丈の軒下
    木板 - 方丈の軒下 
  • 慈母観音像
    慈母観音像 
  • 秋葉社へ向かう石段
    秋葉社へ向かう石段 
  • 旧本堂の大瓦
    旧本堂の大瓦 
  • 山門の扁額
    山門の扁額 
  • 仁王像
    仁王像 
  • 仁王像
    仁王像 
  • 仁王像
    仁王像 
  • 仁王像
    仁王像 
  • 総門(県有形文化財)
    総門(県有形文化財) 
  • 総門
    総門 
  • 総門の扁額
    総門の扁額 
  • 寛政銘の石灯籠 - 総門前
    寛政銘の石灯籠 - 総門前 
  • 石祠 - 総門脇
    石祠 - 総門脇 
  • 門前の風景 - 総門を背にして撮影
    門前の風景 - 総門を背にして撮影 
  • 参道口
    参道口 
  • 全景(左右方向の道は県道29号線)
    全景(左右方向の道は県道29号線) 
  • 喚鐘
    喚鐘 
  • 伽藍配置図(案内板より引用)
    伽藍配置図(案内板より引用) 


関連寺院(※過去に関連していた寺院も含みます。必ずしも現在関連している寺院とは限りません。)