仏旗 海門寺(かいもんじ) [海門禅寺・海門護国禅寺・大本山永平寺御直末] 曹洞宗★★  KAIMONJI ZEN TEMPLE しぐれ松別府温泉

  • 本堂
    本堂 
  • 参道口
    参道口 
住所・電話
〒874-0920 大分県別府市北浜2-2-38 標高:5.7m MAP GMAP 0977-23-1568 
検索
同地区同宗派寺院  4km以内
文化財
クロマツ(別名:しぐれ松樹高:6m、樹冠:東西15.2m 南北16.0m 別府市指定天然記念物

歴史

しぐれ松の根本の案内板の内容を下記に記す。

当山は往古別府湾久光島に在りしが、 慶長年間1596-1615陥没後、 別府、浜脇、田ノ口、朝見、石垣、堀田、鶴見七カ所住民の飢餓及び悪疫を救い給いし元禄1688-1704の高僧 雷州禅師に昄依し祈願所として更に此の地に開創せられ 又別府の鬼門除として尊崇せられ其因縁由緒は甚だ深し

以下累火

ひとくちメモ

JR別府駅から徒歩2分。周辺は駅前の温泉街である。 その街並の中に海門寺は伽藍を構えている。

山門脇には年月を経た仁王像・十六羅漢と六地蔵尊が安置されたお堂がある。 山門をくぐると、正面に巨大な松の木(しぐれ松)。案内板によるとクロマツという。 末端の枝はそれぞれ添え木が設置され大切に管理されている。 この松はすごい。 本堂脇には、大木の地蔵大蘇鉄。その前には糸竹地蔵尊が鎮座されている。 本堂の白壁の火灯窓(かとうまど)も美しい。

海門寺の参道口のすぐ東側に、お堂があり中には御神体のようなものと石仏が安置されている。 そこもお参りしたが、ちょうど賽銭箱の脇でネコちゃんが昼寝をしていた。 このネコちゃん近づいても寝たまま。ずいぶんと人馴れしている。 当ページ最下部の写真をごらんください。

台風27号の雨の中での撮影。写真に雨が写っています。ご容赦ください。


写真

  • 山門 -境内から撮影
    山門 -境内から撮影 
  • 山門の扁額
    山門の扁額 
  • 山門脇の仁王像
    山門脇の仁王像 
  • 山門脇の仁王像
    山門脇の仁王像 
  • 山門脇の法華経一字一石塔
    山門脇の法華経一字一石塔 
  • しぐれ松
    しぐれ松 
  • 糸竹地蔵尊(天保3年孝行者の芸者糸竹が別府湾に投身した「紅燈悲話」の菩提の為建立されたという。縁結び、身代り地蔵)
    糸竹地蔵尊(天保3年孝行者の芸者糸竹が別府湾に投身した「紅燈悲話」の菩提の為建立されたという。縁結び、身代り地蔵) 
  • 地蔵大蘇鉄(写真中央に糸竹地蔵尊)
    地蔵大蘇鉄(写真中央に糸竹地蔵尊) 
  • 手水
    手水 
  • 山門脇の十六羅漢と六地蔵が安置されたお堂
    山門脇の十六羅漢と六地蔵が安置されたお堂 
  • 全景
    全景 
  • 門前の風景
    門前の風景 
  • 参道脇のお堂(ネコちゃんが賽銭箱の脇にいます)
    参道脇のお堂(ネコちゃんが賽銭箱の脇にいます) 
  • 参道脇のお堂の賽銭箱の脇でくつろぐネコちゃん
    参道脇のお堂の賽銭箱の脇でくつろぐネコちゃん