heritage 瑞雲山(ずいうんざん) 西勝寺(さいしょうじ) 浄土真宗本願寺派 キリシタン遺物

住所・電話
〒850-0054 長崎県長崎市上町5-19   標高:17.8m 地図 GMAP 095-822-6289 
検索
同地区同宗派(8)  ( 4km以内 ) MAP  周辺のスポット(19)  Links(2)

歴史

寛永9年(1632)の創建。(Links① より)

諫早城の家臣であった貞包九郎左衛門の三兄弟の一人によって開かれたようだ。(元和元年(1615)創建の専照寺(雲仙市)参照のこと。)

きりしたんころび証文」(正保2年乙酉(1645)銘、県指定有形文化財)を所蔵。 「ころび」とは本人の意志に反して転宗すること。

この証文はキリシタン信者の九介夫婦が、幕府のキリシタン弾圧に堪えかねて改宗を誓い、 このことを奉行所へ届け出るため書いた文書。元キリスト教ポルトガル人宣教師クリストヴァン・フェレイラ(和名:沢野忠庵)の署名が添えられている。フェレイラは穴吊りの拷問によって棄教し、潜伏するキリシタンを見つけては長崎の奉行所へ通報し、ころび証文に署名をする「キリシタン目明し」にされた。

この史実から遠藤周作の『沈黙』が生まれた。(以上 Links①Links②Links③ などより)

ひとくちメモ

未参拝の為、未稿。

周辺のスポット(4km以内)

周辺の寺院・仏教施設・他のページは当ページの上部の検索の項の「4km以内」のボタンをご利用下さい。