bukki 浦田観音(うらたかんのん) [浅間神社] 不詳[未]  URATA-KANNONN 原城跡

住所
〒859-2414 長崎県南島原市南有馬町丁5番地 標高:11.9m MAP GMAP  
検索
同地区同宗派寺院  4km以内

歴史

原城主、有馬晴信1567-1612の若君が誕生した当時、乳不足[1]であったので、家臣山崎飛騨守が心配のあまり観音菩薩の小祠をつくり祈願したところ乳が出るようになったと言われ、以来乳出安産の守り本尊となった。

境内には、島原の乱(1637-1638)の時、幕府軍が原城攻撃の為に用いられた「甬道(ようどう)」跡がある。 日向国から坑夫を招いて掘らせたもの。籠城軍はこれを知り迎穴を掘り、生葉をいぶし、糞を注いだので幕府軍の進撃は失敗に終わったという。(以上境内の案内板より)

ひとくちメモ

未参拝の為、未稿。