bukki 補陀林寺(ほだりんじ) [水晶観音・補陀林禅寺] 曹洞宗 諫江八十八ヵ所霊場第55番

住所・電話
〒854-0207 長崎県諫早市森山町唐比東522   標高:28.2m MAP GMAP 0957-36-1380 
検索
同地区同宗派(12)  4km以内  周辺のスポット(2)  Links(1)

歴史

朱雀天皇の頃(938-946)、唐比領主・渡辺四郎五郎渡に虎御前という美しい姫が居た。 クスノキで作った船で、舟遊び中、突然、船がくるくると回転し、姫と舟は行方不明となった。

約500年後。文亀3年(1503)(後柏原天皇の時)、西日本一帯が大かんばつに見舞われ、天皇は国々の領主に雨乞いの祈願を命じたが、一向に雨は降らなかった。 天皇の夢枕に観音様が現れ、「肥前国唐比村の池の龍神に祈願せよ」とのお告げがあった。 時の諫早領主・西郷石見守は、天皇の命を受け、深堀村の融道(ゆうどう)和尚にその任にあたらせた。 21日間祈願は続き、最後の日に大雨となり、田畑の作物が生き返った。 この時、蓮池の葦の間に一隻のくり舟がぽっかり浮かんで、中には水晶の観音像が座っていた。 石見守は、さっそく寺[1]をつくり、その観音像を祀ったと伝わる。(以上 境内の案内板(平成18年(2006)3月 諫早市教育委員会)より)

諫江八十八ヵ所霊場第55番。

町名「森山町唐比東」は「もりやまちょうからこひがし」と読む。

ひとくちメモ

水晶観音の画像はLinks① のページに掲示されている。

周辺のスポット(4km以内)

周辺の寺院・仏教施設は当ページの上部の検索の項の「4km以内」のボタンをご利用下さい。

脚注