bukki 国分寺跡(こくぶんじあと) 不詳[未]  FORMER KOKUBUNJI TEMPLE

住所
〒811-5734 長崎県壱岐市芦辺町国分本村触 標高:101m MAP GMAP  
検索
同地区同宗派寺院  4km以内

歴史

奈良時代、聖武天皇は全国各地に国分寺・国分尼寺を建立することを命じる。 当地は当時、飢饉・伝染病・台風等の被害にあり国分寺を建てる余裕がなかった。 当時の領主壱岐直(いきのあたい)は個人用に持っていた氏寺を嶋分寺(とうぶんじ)という名称にして国分寺に代用したという。 国分寺の規模は東西600m、南北80m。三重塔があったと推定されているという。

壱岐直はこの国分寺跡の近くにある国片主神社(くにかたぬしじんじゃ)が建っている場所が居館であったという。

ひとくちメモ

未参拝の為、未稿。