仏旗 如意山華渓院 華光寺(けこうじ) [華光禅寺] 曹洞宗[未]  KEKOUJI ZEN TEMPLE 壱岐四国八十八ヶ所霊場第64番札所 壱岐三十三ケ所霊場3番札所 壱岐三十三ケ所霊場14番札所 壱岐三十三ケ所霊場15番札所 壱岐三十三ケ所霊場22番札所 壱岐三十三ケ所霊場28番札所

住所・電話
〒811-5132 長崎県壱岐市郷ノ浦町東触618 標高:67.1m MAP GMAP 0920-47-0279
検索
同地区同宗派寺院  4km以内
Links
壱岐の三十三ヶ所巡礼札所
壱岐の華光寺
壱岐国続風土記

歴史

Linksのページによれば、正安3年1301唐津の岸岳城主、波多宗無の妻である、華渓(かけい)[1]が、対馬の実家に帰る途中、壱岐で病死した。華渓の子供の天祐が、壱岐に、華渓院を創建。亡き母を弔った。

200年後の永正3年1506波多盛(はたさこう)が、華渓院を改築して華光寺とした。 その後、波多親(はたちかし)が再建。

壱岐の曹洞宗両本寺(華光寺・竜蔵寺)。壱岐五ヶ本寺(華光寺、龍蔵寺・安国寺・国分寺・金蔵寺)であったという。

壱岐三十三ケ所霊場3・14・15・22・25番札所、壱岐四国八十八ヶ所霊場第64番札所

ひとくちメモ

未参拝の為、未稿。