仏旗 老松山 安国寺(あんこくじ) [安国禅寺] 臨済宗大徳寺派[未]  ANKOKUJI ZEN TEMPLE 壱岐四国八十八ヶ所霊場第30番札所

住所・電話
〒811-5321 長崎県壱岐市芦辺町深江栄触546 標高:25.6m MAP GMAP 0920-45-0447 
検索
同地区同宗派寺院  4km以内

歴史

Linksのページによれば、暦応元年1338足利尊氏と直義は、平和祈願と元寇以来の戦死者の冥福を弔うために、従来あった海印寺を安国寺とした。 室町時代の貴重な文化財を多く所蔵し、なかでも高麗版大般若経は国の重要文化財に指定されている。 開山は観応元年1350に来島した京都南禅寺の禅師無隠元晦(むいんげんかい)[1]。 仏殿は安政8年1779の再建。二重屋根で「師子窟」の扁額が掛かる。 また境内には長崎県指定天然記念物のスギの巨木があるという。

壱岐四国八十八ヶ所霊場第30番札所。

ひとくちメモ

未参拝の為、未稿。