仏旗 高原山(たかはらさん) 蓮華院誕生寺(れんげいんたんじょうじ) [九州別格本山] 真言律宗  RENGEIN-TANJYOUJI TEMPLE 九州八十八ヶ所百八霊場第57番札所 九州三十六不動霊場第21番札所 玉名温泉 伊藤氏参拝済

  • 本堂と五重塔
    本堂と五重塔 
  • 南大門(拡大)
    南大門(拡大) 
  • 多宝塔
    多宝塔 
住所・電話
〒865-0065 熊本県玉名市築地2288 標高:20.1m MAP GMAP ‎0968-72-3300 ホームページ
検索
同地区同宗派寺院  4km以内

歴史

上のホームページによれば、平清盛の長子、平重盛公がここ玉名市築地の地に「浄光寺蓮華院」を建立。 その60年後の文暦2年1235に、恵空上人によって再興。 天正10年1582、戦乱のあおりを受けて焼失してしまう。 昭和4年、中興開山是信大僧正が再興。 昭和53年、奥之院を建立。 平成9年、五重塔を建立。 平成23年、南大門を再建。 現在に至るという。

本尊「皇円大菩薩(皇円上人)」は延久4年1073、 斉院の長官藤原重兼の長男として、ここ熊本県玉名市築地に誕生。 祖父重房は関白藤原道兼から4代目で、肥後の国司であった。 皇円上人は浄土宗の御開祖法然上人の師匠という。

ひとくちメモ

伊藤氏メモ広大立派かつ見所の多い寺院である。観光名所ともなっている。昭和に入ってからの再興で現第3世。

南側より、まず太鼓橋。渡るとすぐに南大門。横幅20m・奥行き10m・高さ15mで青森ヒバの総木造。入母屋造の二重門である。大門から外向きには増長天と持国天、大門から内向きには多聞天と広目天の四天王が祀られている。 南大門から先は庭園風の参道が続く。参道の両脇には約50基の献塔が並ぶ。献塔の寄進者は、九州各県は言うに及ばず中四国、東京・神奈川・静岡・埼玉などから。献塔の合間には、南大門衞士祠釈迦堂曼荼羅堂があり、参道の終わりには開山是信大僧正銅像が建つ。

さらに、本堂域に入る延命門円門があり、その左脇には関白塔(五輪塔)がある。本堂域には、池とその先に純木造の立派な五重塔、本堂、寺務所がある。 本堂前では多宝塔が建設中である(平成30年落慶)。

関白塔附浄光寺跡出土五輪塔地輪(玉名市指定重要有形文化財)の説明板には以下のような記載がある。

この五輪塔は、浄土宗の開祖である法然上人の師・皇円上人の生誕地として、皇円上人の祖・関白藤原道兼の菩提を弔うために造立されたものと伝承され、地元では関白塔の名で親しまれている。この関白塔には、規模が大きいにも関わらず、梵字等は何も刻まれていない。このことは、真言律宗総本山の奈良市西大寺の叡尊塔に代表される特徴である。

市内築地1512-77には奥之院がある。奥之院には、心経門世界一の梵鐘五重塔仁王門護摩堂大仏様・信徒会館・信徒宿泊所・相撲道場展望所などがあり、年間30万人が訪れるという。()

南大門に安置されている四天王像は必見である。 人間の身長の倍近い大きさ。 今にも動き出しそうなリアルな造りとなっている。 気の弱い子供は泣き出すかもしれない。 最上部のGMAPボタンを押下すると、多数の写真が投稿されている。 お楽しみ下さい。

写真

  • 本堂
    本堂 
  • 本堂の扁額
    本堂の扁額 
  • 五重塔
    五重塔 
  • 南大門
    南大門 
  • 鐘楼
    鐘楼 
  • 本堂の屋根
    本堂の屋根 
  • 本堂の前面
    本堂の前面 
  • 境内風景 - 本堂を背にして撮影
    境内風景 - 本堂を背にして撮影 
  • 山門
    山門 
  • アーチ形山門
    アーチ形山門 
  • 持国天
    持国天 
  • 増長天
    増長天 
  • 広目天
    広目天 
  • 多聞天
    多聞天 
  • 持国天の足元
    持国天の足元 
  • 持国天の胴部
    持国天の胴部 
  • 持国天の肩部
    持国天の肩部 
  • 参道 - 南大門を背にして撮影
    参道 - 南大門を背にして撮影 
  • 釈迦堂
    釈迦堂 
  • 曼荼羅堂
    曼荼羅堂 
  • 関白塔(五輪塔)
    関白塔(五輪塔) 
  • 関白塔脇の五輪塔群
    関白塔脇の五輪塔群 
  • 梵鐘
    梵鐘 


関連寺院(※過去に関連していた寺院も含みます。必ずしも現在関連している寺院とは限りません。)